Characters オブジェクト (Excel)Characters object (Excel)

オブジェクトに含まれる文字列の文字を表します。Represents characters in an object that contains text.

注釈Remarks

Characters オブジェクトを使用すると、文字列のうちの一部だけを対象にした修正ができます。The Characters object lets you modify any sequence of characters contained in the full text string.

文字**** (start, length) を使用します。 _start_は先頭の文字番号と_長さ_を文字数で指定し、 charactersオブジェクトを取得します。Use Characters (start, length), where start is the start character number and length is the number of characters, to return a Characters object.

Example

次の使用例は、セル B1 に文字列を追加し、2 つ目の単語に太字を設定します。The following example adds text to cell B1 and then makes the second word bold.

With Worksheets("Sheet1").Range("B1") 
 .Value = "New Title" 
 .Characters(5, 5).Font.Bold = True 
End With

Rangeオブジェクトの**characters** プロパティを使用する必要があるのは、rest に影響を与えることなく、オブジェクトのテキストの一部を変更する必要がある場合のみです (オブジェクトがサポートしていない場合、 charactersプロパティを使用してテキストの一部の書式設定を行うことはできません)リッチテキスト)。The Characters property of the Range object is necessary only when you need to change some of an object's text without affecting the rest (you cannot use the Characters property to format a portion of the text if the object doesn't support rich text). 同時にすべてのテキストを変更するにオブジェクトに直接、適切なメソッドまたはプロパティを適用することが通常です。To change all the text at the same time, you can usually apply the appropriate method or property directly to the object. 次の使用例は、セル A5 の内容に斜体を設定します。The following example formats the contents of cell A5 as italic.

Worksheets("Sheet1").Range("A5").Font.Italic = True

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.