ConnectorFormat.EndConnect メソッド (Excel)

指定されたコネクタの終点を指定された図形に接続します。 別の図形とコネクタの終点の間の接続が既に存在して、その接続は解除されます。

コネクタの終点指定した結合点に位置していない場合、このメソッドは、コネクタの終点を接続しているサイトに移動し、サイズとコネクタの位置を調整します。

コネクタの始点を図形に接続するには、 BeginConnect メソッドを使用します。

構文

.EndConnect (ConnectedShape, ConnectionSite)

ConnectorFormat オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
ConnectedShape 必須 Shape コネクタの終点を接続する図形を指定します。 指定する Shape オブジェクトはコネクタと同じ Shapes コレクションに含まれている必要があります。
ConnectionSite 必須 Long 1 と指定した図形の ConnectionSiteCount プロパティによって返される整数の整数である必要があります。 コネクタが自動的に接続する 2 つの図形間の最短経路を検索する場合は、この引数に有効な整数を指定し、両端に図形にコネクタを接続後、 RerouteConnections メソッドを使用しています。

解説

コネクタをオブジェクトに接続すると、必要に応じて自動的にコネクタの大きさと位置が調整されます。

次の使用例は、myDocument に 2 つの四角形を追加し、それらを曲線のコネクタで接続します。 RerouteConnections メソッドを適用すると、最初に BeginConnect メソッドと EndConnect メソッドで指定した引数 ConnectionSite の値は無効になります。

Set myDocument = Worksheets(1) 
Set s = myDocument.Shapes 
Set firstRect = s.AddShape(msoShapeRectangle, 100, 50, 200, 100) 
Set secondRect = s.AddShape(msoShapeRectangle, 300, 300, 200, 100) 
Set c = s.AddConnector(msoConnectorCurve, 0, 0, 100, 100) 
With c.ConnectorFormat 
 .BeginConnect ConnectedShape:=firstRect, ConnectionSite:=1 
 .EndConnect ConnectedShape:=secondRect, ConnectionSite:=1 
 c.RerouteConnections 
End With

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。