DataBar オブジェクト (Excel)

データ バーの条件付き書式設定ルールを表します。 範囲にデータ バーを使用すると、他のセルと相対的にセルの値を確認できます。

解説

すべての条件付き書式オブジェクトは、Range コレクションの子である FormatConditions コレクション オブジェクト内に まれます。 FormatConditions コレクションの Add メソッドまたは AddDataBar メソッドを使用して、データ バーの書式設定ルールを作成できます。

DataBar オブジェクト の MinPoint プロパティと MaxPoint プロパティを使用して、データ範囲の最短バーと最長バーの値を設定します。 これらのプロパティは ConditionValue オブジェクトを返し、しきい値の評価方法を指定できます。

DataBar オブジェクトには、負の値が存在する場合に表示される軸線を指定し、データ バーの色と書式設定を指定できるプロパティも用意されています。

次の使用例は、データ範囲を作成し、その範囲にデータ バーを適用します。 範囲に非常に低い値と高い値が含まれ、中央の値には同じような長さのデータ バーが含まれます。 中間値を明確にするために、サンプル コードは ConditionValue オブジェクトを使用して、しきい値が百分位に評価される方法を変更します。

Sub CreateDataBarCF() 
 
 Dim cfDataBar As DataBar 
 
 ' Create a range of data with a couple of extreme values 
 With ActiveSheet 
 .Range("D1") = 1 
 .Range("D2") = 45 
 .Range("D3") = 50 
 .Range("D2:D3").AutoFill Destination:=Range("D2:D8") 
 .Range("D9") = 500 
 End With 
 
 Range("D1:D9").Select 
 
 ' Create a data bar with default behavior 
 Set cfDataBar = Selection.FormatConditions.AddDatabar 
 MsgBox "Because of the extreme values, middle data bars are very similar" 
 
 ' The MinPoint and MaxPoint properties return a ConditionValue object 
 ' which you can use to change threshold parameters 
 cfDataBar.MinPoint.Modify newtype:=xlConditionValuePercentile, _ 
 newvalue:=5 
 cfDataBar.MaxPoint.Modify newtype:=xlConditionValuePercentile, _ 
 newvalue:=75 
 
End Sub

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。