Dialogs オブジェクト (Excel)

オブジェクト内のすべての Dialog オブジェクトのコレクションMicrosoft Excel。

注釈

Dialog オブジェクトは、組み込みダイアログ ボックスを表します。 新しい組み込みダイアログ ボックスを作成したり、コレクションに追加したりすることはできません。 Dialog オブジェクトで実行できる唯一の便利な操作は、 対応 するダイアログ ボックスを表示するために Show メソッドと一緒に使用する方法です。

Excel の Visual Basic オブジェクト ライブラリには、組み込みダイアログ ボックスに対応する定数が多数含まれています。 各定数の名前は、"xlDialog" という文字列の後に英語のダイアログ ボックス名を付けたものです。 たとえば、[名前の引用] ダイアログ ボックスの定数は xlDialogApplyNames であり、[ファイル検索] ダイアログ ボックスの定数は xlDialogFindFile です。 これらの定数は、 XlBuiltinDialog クラスのいずれかです。

Dialogs コレクションを取得 するには 、Application オブジェクトの Dialogs プロパティを使用 します。 次のコード例では、組み込むことのできる Excel のダイアログ ボックスの数を表示します。

MsgBox Application.Dialogs.Count

ダイアログ ボックスを識別する 組み込みの定数である Index を使用して、単一の Dialog オブジェクト を取得 します。 次の使用例は、組み込みの [ファイルを開 く] ダイアログ ボックスを 実行します。

dlgAnswer = Application.Dialogs(xlDialogOpen).Show

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。