ErrorBars オブジェクト (Excel)ErrorBars object (Excel)

グラフのデータ系列の誤差範囲を表します。Represents the error bars in a chart series.

注釈Remarks

誤差範囲の線は、グラフ データの誤差の範囲を示します。Error bars indicate the degree of uncertainty for chart data. 2-d グラフの area、bar、column、line、および散布グループのデータ系列のみに誤差範囲を設定できます。Only series in area, bar, column, line, and scatter groups on a 2D chart can have error bars. 散布図グループのデータ系列だけは、X 軸方向と Y 軸方向の両方の誤差範囲を表示できます。Only series in scatter groups can have x and y error bars. 陽線を作成できるのは、複数のデータ系列を含む 2-D 折れ線グラフ グループだけです。This object isn't a collection. 1つのエラーバーを表すオブジェクトはありません。系列内のすべてのポイントで x 誤差範囲または y 誤差範囲がオンになっているか、またはオフになっています。There's no object that represents a single error bar; you either have x error bars or y error bars turned on for all points in a series or you have them turned off.

Seriesオブジェクトの**誤差** 範囲の方法では、誤差範囲の書式と種類を変更します。The ErrorBar method of the Series object changes the error bar format and type.

Example

ErrorBarsオブジェクトを取得するのにには、 Seriesオブジェクトの**ErrorBars** プロパティを使用します。Use the ErrorBars property of the Series object to return the ErrorBars object. 次の使用例は、埋め込みグラフ1のデータ系列1の誤差範囲を有効にし、誤差範囲の終点のスタイルを設定します。The following example turns on error bars for series one in embedded chart one, and then sets the end style for the error bars.

Worksheets("sheet1").ChartObjects(1).Activate 
ActiveChart.SeriesCollection(1).HasErrorBars = True 
ActiveChart.SeriesCollection(1).ErrorBars.EndStyle = xlNoCap

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.