listobjects. Add メソッド (Excel)ListObjects.Add method (Excel)

新しいリスト オブジェクトを作成します。Creates a new list object.

構文Syntax

追加(SourceTypeSourcelinksourcexllist thasheadersDestinationTableStyleName)expression.Add (SourceType, Source, LinkSource, XlListObjectHasHeaders, Destination, TableStyleName)

listobjects オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a ListObjects object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
SourceTypeSourceType 省略可能Optional XlListObjectSourceTypeXlListObjectSourceType クエリで使用されるソースの種類を指定します。Indicates the kind of source for the query.
SourceSource OptionalOptional VariantVariant SourceType = xlsrcrangeデータソースを表す Range オブジェクトを**指定** します。When SourceType = xlSrcRange: A Range object representing the data source. 省略した場合、_ソース_は、リスト範囲検出コードによって返される範囲に既定で設定されます。If omitted, the Source will default to the range returned by list range detection code.

SourceType = xlsrcexternal: ソースへの接続を指定する文字列値の配列。次の要素が含まれています。When SourceType = xlSrcExternal: An array of String values specifying a connection to the source, containing the following elements:
  • 0 - SharePoint サイトの URL0 - URL to SharePoint site
  • 1 - ListName1 - ListName
  • 2 - ViewGUID2 - ViewGUID
LinkSourceLinkSource 省略可能Optional BooleanBoolean 外部データ ソースを ListObject オブジェクトにリンクするかどうかを指定します。Indicates whether an external data source is to be linked to the ListObject object. _SourceType_がxlsrcexternalの場合、既定値はTrueになります。If SourceType is xlSrcExternal, the default is True. _SourceType_がxlsrcrange/省略されている場合は無効です。省略した場合は、エラーが返されます。Invalid if SourceType is xlSrcRange, and will return an error if not omitted.
XlListObjectHasHeadersXlListObjectHasHeaders OptionalOptional VariantVariant インポートされているデータに列ラベルがあるかどうかを示す**xlyes noguess** 定数を指定します。An XlYesNoGuess constant that indicates whether the data being imported has column labels. _ソース_にヘッダーが含まれていない場合、Excel は自動的にヘッダーを生成します。If the Source does not contain headers, Excel will automatically generate headers. 既定値はxlguessです。Default value: xlGuess.
DestinationDestination 省略可能Optional VariantVariant 新しいリストオブジェクトの左上隅のリンク先として単一セル参照を指定するRangeオブジェクト。A Range object specifying a single-cell reference as the destination for the top-left corner of the new list object. Range オブジェクトが複数のセルを参照する場合は、エラーが生成されます。If the Range object refers to more than one cell, an error is generated.

_SourceType_がxlsrcexternalに設定されている場合は、 _Destination_引数を指定する必要があります。The Destination argument must be specified when SourceType is set to xlSrcExternal. _SourceType_がxlsrcrange出力に設定されている場合、引数_Destination_は無視されます。The Destination argument is ignored if SourceType is set to xlSrcRange.

移動先の範囲は、_式_で指定されたlistobjectsコレクションが含まれているワークシート上にある必要があります。The destination range must be on the worksheet that contains the ListObjects collection specified by expression. 新しい列は、新しいリストに適合するように_コピー先_に挿入されます。New columns will be inserted at the Destination to fit the new list. したがって、既存のデータは上書きされません。Therefore, existing data will not be overwritten.
TableStyleNameTableStyleName 省略可能Optional 文字列型 (String)String TableStyle の名前。たとえば、"TableStyleLight1" のようになります。The name of a TableStyle; for example "TableStyleLight1".

戻り値Return value

新しいリストオブジェクトを表す**ListObject** オブジェクト。A ListObject object that represents the new list object.

注釈Remarks

リストに見出しがあり、セルの最初の行が文字列以外である場合、セルの最初の行は文字列に変換されます。When the list has headers, the first row of cells will be converted to Text, if not already set to text. 変換はセル内に表示されている文字列に基づいて実行されます。The conversion will be based on the visible text for the cell. たとえば、ロケールによって決まる日付型 ( Date ) の日付の値は、現在のシステム ロケールに応じて、リストへの変換結果が異なることがあります。This means that if there is a date value with a Date format that changes with locale, the conversion to a list might produce different results depending on the current system locale. さらに、見出し行の 2 つのセル内に同じ文字列が表示されている場合、各列の見出しが一意になるよう、整数型 (Integer) の連番が添えられます。Moreover, if there are two cells in the header row that have the same visible text, an incremental Integer will be appended to make each column header unique.

Example

次の使用例は、Microsoft SharePoint Foundation サイトのデータに基づいて新しいListObjectオブジェクトを既定のlistobjectsコレクションに追加し、そのリストをブックの最初のワークシートのセル A1 に配置します。The following example adds a new ListObject object based on data from a Microsoft SharePoint Foundation site to the default ListObjects collection and places the list in cell A1 in the first worksheet of the workbook.

注意

次のコード例では、変数strServerNamestrListGUIDの間で有効なサーバー名とリスト guid を置き換えることを前提としています。The following code example assumes that you will substitute a valid server name and the list guid in the variables strServerName and strListGUID. また、サーバー名の後に"/_vti_bin" (strListName)指定する必要があります。または、サンプルは動作しません。Additionally, the server name must be followed by "/_vti_bin" (strListName) or the sample will not work.

Set objListObject = ActiveWorkbook.Worksheets(1).ListObjects.Add(SourceType:= xlSrcExternal, _ 
Source:= Array(strServerName, strListName, strListGUID), LinkSource:=True, _ 
XlListObjectHasHeaders:=xlGuess, Destination:=Range("A1")), 
TableStyleName:=xlGuess, Destination:=Range("A10")) 

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.