PivotField.VisibleItemsList プロパティ (Excel)

ピボットフィールドに適用される手動フィルター内の選択アイテムを表す文字列の配列を指定するバリアント型 (Variant) の値を取得または設定します。 値の取得と設定が可能です。

構文

.VisibleItemsList

PivotField オブジェクトを表 す変数

解説

このプロパティは、OLAP ピボットテーブルにのみ適用されます。

この使用例は、OLAP ピボットテーブル内の手動の内包フィルター処理を示します。

ActiveSheet.PivotTables("PivotTable2").PivotFields("[Customer].[Customer Geography] & _ 
.[Country]").VisibleItemsList = Array("[Customer].[Customer Geography].[Country].&[Australia]") 
ActiveSheet.PivotTables("PivotTable2").PivotFields("[Customer].[Customer Geography] & _ 
.[State-Province]").VisibleItemsList = Array("") 
ActiveSheet.PivotTables("PivotTable2").PivotFields("[Customer].[Customer Geography] & _ 
.[City]").VisibleItemsList = Array("") 
ActiveSheet.PivotTables("PivotTable2").PivotFields("[Customer].[Customer Geography] & _ 
.[Postal Code]").VisibleItemsList = Array("") 
ActiveSheet.PivotTables("PivotTable2").PivotFields("[Customer].[Customer Geography] & _ 
.[Full Name]").VisibleItemsList = Array("") 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。