Protection オブジェクト (Excel)Protection object (Excel)

ワークシートに使用できる保護オプションのさまざまな種類を表します。Represents the various types of protection options available for a worksheet.

注釈Remarks

protectionオブジェクトを取得するのにには、 Worksheetオブジェクトの**protection** プロパティを使用します。Use the Protection property of the Worksheet object to return a Protection object.

protection オブジェクト**** を取得した後、protection プロパティを**** 使用して、保護オプションを設定または取得することができます。After a Protection object is returned, you can use the Protection properties to set or return protection options.

Example

次の例では、 Protectionオブジェクトのallowinsertingcolumnsプロパティを使用して、上の行に3つの数字を配置し、ワークシートを保護する方法を示します。The following example demonstrates how to use the AllowInsertingColumns property of the Protection object, placing three numbers in the top row and protecting the worksheet. 次の使用例は、列の挿入を許可する保護設定がFalseであるかどうかを確認し、必要に応じてTrueに設定します。This example then checks to see if the protection setting for allowing the insertion of columns is False and sets it to True, if necessary. 最後に、列を挿入するようユーザーに通知します。Finally, it notifies the user to insert a column.

Sub SetProtection() 
 
 Range("A1").Formula = "1" 
 Range("B1").Formula = "3" 
 Range("C1").Formula = "4" 
 ActiveSheet.Protect 
 
 ' Check the protection setting of the worksheet and act accordingly. 
 If ActiveSheet.Protection.AllowInsertingColumns = False Then 
 ActiveSheet.Protect AllowInsertingColumns:=True 
 MsgBox "Insert a column between 1 and 3" 
 Else 
 MsgBox "Insert a column between 1 and 3" 
 End If 
 
End Sub

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.