Range.Address プロパティ (Excel)Range.Address property (Excel)

コード記述時の言語で参照範囲を表す文字列型 (String) の値を返します。Returns a String value that represents the range reference in the language of the macro.

構文Syntax

expression.Address (RowAbsolute, ColumnAbsolute, ReferenceStyle, External, RelativeTo)expression.Address (RowAbsolute, ColumnAbsolute, ReferenceStyle, External, RelativeTo)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
RowAbsoluteRowAbsolute OptionalOptional VariantVariant 行部分の参照を絶対参照として返すには、 True を指定します。True to return the row part of the reference as an absolute reference. 既定値は True です。The default value is True.
ColumnAbsoluteColumnAbsolute OptionalOptional VariantVariant 列部分の参照を絶対参照として返すには、 True を指定します。True to return the column part of the reference as an absolute reference. 既定値は True です。The default value is True.
ReferenceStyleReferenceStyle 省略可能Optional XlReferenceStyleXlReferenceStyle 参照形式を指定します。The reference style. 既定値は xlA1 です。The default value is xlA1.
外部External OptionalOptional VariantVariant 外部参照を返すには、 True を指定します。True to return an external reference. ローカル参照を返すには、 False を指定します。False to return a local reference. 既定値は False です。The default value is False.
RelativeToRelativeTo OptionalOptional VariantVariant RowAbsolute および ColumnAbsoluteFalse であるときに、ReferenceStylexlR1C1 である場合は、相対参照の開始点を含める必要があります。If RowAbsolute and ColumnAbsolute are False, and ReferenceStyle is xlR1C1, you must include a starting point for the relative reference. この引数は開始点を定義する Range オブジェクトです。This argument is a Range object that defines the starting point.

: Excel VBA 7.1 を使用したテストでは、明示的な開始点が必須ではないことが示されます。NOTE: Testing with Excel VBA 7.1 shows that an explicit starting point is not mandatory. $A$1 の既定の参照があるようです。There appears to be a default reference of $A$1.

解説Remarks

参照に複数のセルが含まれている場合は、引数 RowAbsolute と引数 ColumnAbsolute はすべての行と列に適用されます。If the reference contains more than one cell, RowAbsolute and ColumnAbsolute apply to all rows and columns.

Example

次の使用例は、シート 1 の同じセル アドレスを 4 つの異なる方法で表します。The following example displays four different representations of the same cell address on Sheet1. コード中のコメントは、メッセージで表示されるアドレスを示しています。The comments in the example are the addresses that will be displayed in the message boxes.

Set mc = Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1) 
MsgBox mc.Address() ' $A$1 
MsgBox mc.Address(RowAbsolute:=False) ' $A1 
MsgBox mc.Address(ReferenceStyle:=xlR1C1) ' R1C1 
MsgBox mc.Address(ReferenceStyle:=xlR1C1, _ 
 RowAbsolute:=False, _ 
 ColumnAbsolute:=False, _ 
 RelativeTo:=Worksheets(1).Cells(3, 3)) ' R[-2]C[-2]

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.