Range.AdvancedFilter メソッド (Excel)

条件範囲に基づいてリストからデータをフィルターまたはコピーします。 最初の選択範囲が 1 つのセルの場合、そのセルの現在の領域が使用されます。

構文

.AdvancedFilter (Action, CriteriaRange, CopyToRange, Unique)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Action 必須 XlFilterAction 検索結果を他の範囲にコピーして抽出するか、検索条件と一致する行だけを同じ選択範囲内に表示するかを、XlFilterAction クラスの定数のいずれかで指定します。
CriteriaRange 省略可能 Variant 検索条件範囲を指定します。 省略すると、検索条件なしで抽出されます。
CopyToRange 省略可能 Variant Action が xlFilterCopy の場合、コピー された行の 宛先範囲です。 それ以外の場合、この引数は無視されます。
Unique 省略可能 Variant True に設定すると、検索条件に一致するレコードのうち、重複するレコードは無視されます。 False に設定すると、重複するレコードも含めて、検索条件に一致するレコードがすべて抽出されます。 既定値は False です。

戻り値

バリアント型

次の使用例は、Criteria という名前の条件範囲に基づいて Database という名前のデータベースをフィルター処理します。

Range("Database").AdvancedFilter _ 
 Action:=xlFilterInPlace, _ 
 CriteriaRange:=Range("Criteria")

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。