オートフィルメソッド (Excel)Range.AutoFill method (Excel)

指定された対象セル範囲内のセルに対してオートフィルを実行します。Performs an autofill on the cells in the specified range.

構文Syntax

オートフィル(Destination, Type)expression.AutoFill (Destination, Type)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
DestinationDestination 必須Required RangeRange オートフィルの書き込み先になる Range オブジェクトを指定します。The cells to be filled. 基準となるデータの入ったセル範囲も含むようにします。The destination must include the source range.
TypeType 省略可能Optional XlAutoFillTypeXlAutoFillType オートフィルの種類を指定します。Specifies the fill type.

戻り値Return value

バリアント型Variant

Example

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:A20 に対して、セル範囲 A1:A2 の値を基にしてオートフィルを実行します。This example performs an autofill on cells A1:A20 on Sheet1, based on the source range A1:A2 on Sheet1. この使用例を実行する前に、セル A1 には「1」、セル A2 には「2」を入力しておいてください。Before running this example, type 1 in cell A1 and type 2 in cell A2.

Set sourceRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:A2") 
Set fillRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:A20") 
sourceRange.AutoFill Destination:=fillRange

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.