Range.AutoFill メソッド (Excel)

指定された対象セル範囲内のセルに対してオートフィルを実行します。

構文

.AutoFill (Destination, Type)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Destination 必須 Range オートフィルの書き込み先になる Range オブジェクトを指定します。 基準となるデータの入ったセル範囲も含むようにします。
Type 省略可能 XlAutoFillType オートフィルの種類を指定します。

戻り値

バリアント型

次の使用例は、シート 1 のセル範囲 A1:A20 に対して、セル範囲 A1:A2 の値を基にしてオートフィルを実行します。 この使用例を実行する前に、セル A1 には「1」、セル A2 には「2」を入力しておいてください。

Set sourceRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:A2") 
Set fillRange = Worksheets("Sheet1").Range("A1:A20") 
sourceRange.AutoFill Destination:=fillRange

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。