Range.Consolidate メソッド (Excel)

複数のワークシートにある複数のセル範囲を、1 枚のワークシートの 1 つのセル範囲に統合します。 バリアント型 ( Variant ) の値を使用します。

構文

.Consolidate (Sources, Function, TopRow, LeftColumn, CreateLinks)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Sources 省略可能 Variant 統合元範囲を参照する、R1C1 形式の文字列を指定します。 指定するセル参照には、必ず統合するシートのパスを含めます。
Function 省略可能 Variant 統合の種類を指定 する XlConsolidationFunction の定数の 1 つ。
TopRow 省略可能 Variant 統合を行うとき、統合する範囲の上端行に入力されている列見出しに基づく場合は、 True を指定します。 データの位置に基づく場合は、 False を指定します。 既定値は False です。
LeftColumn 省略可能 Variant 統合を行うとき、統合する範囲の左端列に入力されている行見出しに基づく場合は、 True を指定します。 データの位置に基づく場合は、 False を指定します。 既定値は False です。
CreateLinks 省略可能 Variant 統合を行うとき、ワークシート リンクを使う場合は、 True を指定します。 データをコピーする場合は、 False を指定します。 既定値は False です。

戻り値

バリアント型

この例では、SUM 関数を使用して、シート 2 とシート 3 のデータをシート 1 に統合します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Consolidate _ 
 Sources:=Array("Sheet2!R1C1:R37C6", "Sheet3!R1C1:R37C6"), _ 
 Function:=xlSum

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。