Range メソッド (Excel)Range.DialogBox method (Excel)

Excel 4.0 マクロ シートのダイアログ ボックス定義テーブルで定義されているダイアログ ボックスを表示して、選択されたコントロールのインデックス番号を返します。Displays a dialog box defined by a dialog box definition table on a Microsoft Excel 4.0 macro sheet. 選択したコントロールの番号を返します。ユーザーが [キャンセル] ボタンを選択した場合は、 Falseを返します。Returns the number of the chosen control, or returns False if the user chooses the Cancel button.

構文Syntax

ダイアログexpression.DialogBox

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

戻り値Return value

バリアント型Variant

注釈Remarks

Range には、Excel 4.0 マクロ シートのダイアログ ボックス定義テーブルの範囲を指定します。The Range must refer to a dialog box definition table on a Microsoft Excel 4.0 macro sheet.

Example

次の使用例は、Excel 4.0 のダイアログ ボックスを実行し、戻り値をメッセージ ボックスに表示します。This example runs a Microsoft Excel 4.0 dialog box and then displays the return value in a message box. 変数dialogRangeは、Macro1 という名前の Microsoft Excel 4.0 マクロシートのダイアログボックス定義テーブルを参照します。The dialogRange variable refers to the dialog box definition table on the Microsoft Excel 4.0 macro sheet named Macro1.

Set dialogRange = Excel4MacroSheets("Macro1").Range("myDialogBox") 
result = dialogRange.DialogBox 
MsgBox result

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.