Range.ExportAsFixedFormat メソッド (Excel)

指定された形式のファイルにエクスポートします。

構文

ExportAsFixedFormat (Type, FileName, Quality, IncludeDocProperties, IgnorePrintAreas, From, To, OpenAfterPublish, FixedFormatExtClassPtr)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Type 必須 XlFixedFormatType エクスポート後のファイル形式を指定します。
FileName 省略可能 Variant 保存されるファイルの名前を指定します。 完全なパスを含めるか、Excelフォルダーにファイルを保存できます。
Quality オプション Variant オプション の XlFixedFormatQuality。 発行されたファイルの品質を指定します。
IncludeDocProperties 省略可能 Variant True を指定すると、ドキュメントのプロパティが含まれます。それ以外の場合は False。
IgnorePrintAreas オプション Variant True を指定すると、発行時に設定された印刷領域が無視されます。それ以外の場合は False。
From オプション バリアント型 発行を開始するページのページ番号を指定します。 この引数を省略すると、先頭のページから発行が開始されます。
To オプション バリアント型 発行を終了するページの番号を指定します。 この引数を省略すると、最後のページまで発行します。
OpenAfterPublish オプション バリアント型 True を指定すると、ファイルが発行された後にビューアーにファイルが表示されます。それ以外の場合は False。
FixedFormatExtClassPtr 省略可能 Variant FixedFormatExt クラスへのポインターです。

注釈

このメソッドは、固定形式ファイルにファイルをエクスポートするために、アドインの初期化もサポートします。 たとえば、コンバーターが存在する場合は、Excel はファイル形式を変換します。 通常は、ユーザーが変換を開始します。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。