Formula プロパティ (Excel)Range.Formula property (Excel)

オブジェクトの暗黙的に交差する数式を A1 形式の表記で表すバリアント型 (Variant ) の値を取得、または設定します。Returns or sets a Variant value that represents the object's implicitly intersecting formula in A1-style notation.

構文Syntax

数式expression.Formula

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

動的配列が有効にされている Excel では、Formula2 は範囲を指定しません。In Dynamic Arrays enabled Excel, Range.Formula2 supercedes Range.Formula. バックの互換性を維持するために、範囲式は引き続きサポートされます。Range.Formula will continue to be supported to maintain backcompatibility. 動的配列と Formula2 の説明については、こちらを参照してください。A discussion on Dynamic Arrays and Range.Formula2 can be found here.

関連項目See also

Formula2 プロパティRange.Formula2 property

OLAP データ ソースでは、このプロパティを使用できません。This property is not available for OLAP data sources.

セルに定数が入力されているときは、 Formula プロパティはその定数を返します。If the cell contains a constant, this property returns the constant. セルが空のときは、空の文字列を返します。If the cell is empty, this property returns an empty string. セルに数式が含まれている場合、 formula プロパティは、数式バーに表示されるのと同じ形式 (等号 (=) を含む) の文字列として数式を返します。If the cell contains a formula, the Formula property returns the formula as a string in the same format that would be displayed in the formula bar (including the equal sign ( = )).

セルの値または数式に日付を設定すると、Microsoft Excel はそのセルに日付書式または時刻書式が既に設定されていることをチェックします。If you set the value or formula of a cell to a date, Microsoft Excel verifies that cell is already formatted with one of the date or time number formats. 表示されていない場合は、既定の短い形式の日付の書式に変更されます。If not, Excel changes the number format to the default short date number format.

対象セル範囲が 1 次元または 2 次元のセル範囲のときは、同じ次元を持つ Visual Basic の配列から各セルの数式を設定できます。If the range is a one- or two-dimensional range, you can set the formula to a Visual Basic array of the same dimensions. 同様に、各セルの数式を Visual Basic の配列に代入することもできます。Similarly, you can put the formula into a Visual Basic array.

Range を使用して数式を設定すると、暗黙的な交差が発生する場合があります。Formulas set using Range.Formula may trigger implicit intersection.

セル範囲に数式を設定すると、範囲内のすべてのセルにその数式が入ります。Setting the formula for a multiple-cell range fills all cells in the range with the formula.

Example

次のコード例は、シート 1 のセル A1 に数式を設定します。The following code example sets the formula for cell A1 on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Range("A1").Formula = "=$A$4+$A$10"

次のコード例は、シート 1 のセル A1 に数式を設定し、今日の日付を表示します。The following code example sets the formula for cell A1 on Sheet1 to display today's date.

Sub InsertTodaysDate() 
    ' This macro will put today's date in cell A1 on Sheet1 
    Sheets("Sheet1").Select 
    Range("A1").Select 
    Selection.Formula = "=text(now(),""mmm dd yyyy"")" 
    Selection.Columns.AutoFit 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.