Range.FormulaArray プロパティ (Excel)

範囲の配列式を設定または返します。 1 つの数式または 1 つの配列を返します (または、Visual Basicできます。 指定した範囲に配列数式が含まれている場合、このプロパティは null を返 します。 値の取得と設定が可能なバリアント型 (Variant) の値です。

構文

.FormulaArray

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

注釈

FormulaArray プロパティの文字数は 255 に制限されています。

次の例では、シート 1 のセル範囲 A1:C5 に、配列定数として数値 3 を入力します。

Worksheets("Sheet1").Range("A1:C5").FormulaArray = "=3"

次の例では、シート 1 のセル範囲 E1:E3 に、=SUM(A1:C3) という配列数式を入力します。

Worksheets("Sheet1").Range("E1:E3").FormulaArray = _ 
 "=Sum(A1:C3)"

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。