Range.Item プロパティ (Excel)Range.Item property (Excel)

指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表す Range オブジェクトを返します。Returns a Range object that represents a range at an offset to the specified range.

構文Syntax

Item (RowIndex, columnindex)expression.Item (RowIndex, ColumnIndex)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
RowIndexRowIndex 必須Required バリアント型Variant 2番目の引数が指定されている場合は、返されるセルの相対行番号を指定します。If the second argument is provided, the relative row number of the cell to return.

2番目の引数が指定されていない場合は、返される部分範囲のインデックスを指定します。If the second argument is not provided, the index of the subrange to return.
ColumnIndexColumnIndex 省略可能Optional VariantVariant 取得するセルの相対列番号を指定します。The relative column number of the cell to return.

注釈Remarks

_Expression_に単一のセルのコレクションが含まれていない場合 (たとえば、は**Columns** メンバーで取得されているため)、2番目の引数は無効であるため、エラー1004が発生します。If expression is not a range containing a collection of single cells, e.g. because is has been obtained via the Columns member, providing the second argument is illegal and will result in an error 1004.

範囲の既定のメンバーは、呼び出しをアイテムメンバーへのパラメーターで転送します。The default member of Range forwards calls with parameters to the Item member. したがってsomeRange(1) someRange(1,1) 、and はそれぞれsomeRange.Item(1)someRange.Item(1,1)同じになります。Thus, someRange(1) and someRange(1,1) are equivalent to someRange.Item(1) and someRange.Item(1,1), respectively.

_RowIndex_引数と_columnindex_引数は、 Areas メンバーから返される範囲の最初の領域の左上のセルへの相対的な1ベースのオフセットです。つまり、範囲Union(someSheet.Range("Z4:AA6"), someSheet.Range("A1:C3")) Item(1,1)の場合は、アドレス $Z $4 で範囲を返します。The RowIndex and ColumnIndex arguments are relative 1-based offsets to the top-left cell of the first area of the range as returned by the Areas member, i.e. for the range Union(someSheet.Range("Z4:AA6"), someSheet.Range("A1:C3")), Item(1,1) will return the range with address $Z$4.

_Columnindex_は、数値インデックスとして、または列のアドレス文字列として、A1 "A" (数値インデックス1および"AA"27参照) として指定できます。The ColumnIndex can be provided either as a numeric index or as a column address string as in A1-notation, i.e. "A" refers to the numeric index 1 and "AA" to 27.

適切な引数を指定することによって、元**** の範囲外のセルを参照することItem(3,3)ができます。たとえば"D4" 、範囲内someSheet.Range("B2:C3")のセルが返されます。It is possible to reference cells outside the original range using the Item property by providing appropriate arguments, e.g. Item(3,3) will return the cell at "D4" for the range someSheet.Range("B2:C3").

パラメーターを1つだけ提供するときに返される範囲は、範囲の性質によって異なります。The range returned when providing only one parameter depends on the nature of the range:

  • Cells および**Range** メンバーから返される1つのセルから成る範囲の場合、 Itemは1つのセルを返します。For ranges consisting of single cells, as returned by the Cells and Range members, Item returns single cells. パラメーター _RowIndex_は、2つの dimentional 配列に対して、範囲の最初の領域を左から下に列挙するときにインデックスを参照します。The parameter RowIndex refers to the index when enumerating the first area of the range left-to-right than top-to-bottom, as for two-dimentional arrays. 引数_RowIndex_が範囲の最初の領域のセル数より大きい場合は、領域が下に拡張された場合と同様に列挙します。If RowIndex is larger than the number of cells in the first area of the range, the enumeration as if the area was extended downwards.

  • 行によって 返される行範囲から成る範囲の場合、 Itemは行範囲を返します。For ranges consisting of row ranges, as returned by Rows, Item returns row ranges. パラメーター _RowIndex_には、範囲の先頭行から下に向かって1から始まるオフセットを指定します。The parameter RowIndex is the 1-based offset from the first row of the range in the direction top-to-bottom.

  • 列の戻り値として列の範囲が指定された範囲の**場合、** Itemは列範囲を返します。For ranges consisting of column ranges, as returned by Columns, Item returns column ranges. パラメーター _RowIndex_は、左から右の方向に、最初の列からの1から始まるオフセットです。The parameter RowIndex is the 1-based offset from the first column in the direction left-to-right. この状況では、インデックスを列のアドレス文字列として指定することもできます。In this situation, the index may alternatively be provided as a column address string.

Example

次の例は、両方のパラメーターが指定されている場合に返されるセルを示しています。The following example shows which cell is returned if both parameters are provided.

Public Sub PrintAdresses()
   Dim exampleRange As Excel.Range
   With ThisWorkbook.Worksheets("ExampleSheet")
      Set exampleRange = Application.Union(.Range("B2:D4"), .Range("A1"), .Range("Z1:AA20"))
   End With
  
   Debug.Print exampleRange.Item(1,1).Address      'Prints "$B$2"
   Debug.Print exampleRange.Item(2,4).Address      'Prints "$E$3"
   Debug.Print exampleRange.Item(20,40).Address    'Prints "$AO$21"
   Debug.Print exampleRange.Item(2,"D").Address    'Prints "$E$3"
   Debug.Print exampleRange.Item(20,"AN").Address  'Prints "$E$3"
End Sub

次の例では、1つのパラメータのみが指定されている場合に返される範囲の種類が異なる場合を示します。The following example shows for different types of ranges which subranges are returned if only one parameter is provided.

Public Sub PrintAdresses()
   Dim exampleRange As Excel.Range
   With ThisWorkbook.Worksheets("ExampleSheet")
      Set exampleRange = Application.Union(.Range("B2:D4"), .Range("A1"), .Range("Z1:AA20"))
   End With

   Debug.Print exampleRange.Cells.Item(1).Address      'Prints "$B$2"
   Debug.Print exampleRange.Cells.Item(2).Address      'Prints "$C$2"
   Debug.Print exampleRange.Cells.Item(4).Address      'Prints "$B$3"
   Debug.Print exampleRange.Cells.Item(10).Address     'Prints "$B$5"
  
   Debug.Print exampleRange.Rows.Item(1).Address       'Prints "$B$2:$D$2"
   Debug.Print exampleRange.Rows.Item(10).Address      'Prints "$B$11:$D$11"
  
   Debug.Print exampleRange.Columns.Item(1).Address    'Prints "$B$2:$B$4"
   Debug.Print exampleRange.Columns.Item(10).Address   'Prints "$K$1:$K$4"
   Debug.Print exampleRange.Columns.Item("A").Address  'Prints "$B$1:$B$4"
   Debug.Print exampleRange.Columns.Item("J").Address  'Prints "$K$1:$K$4"
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.