Range.NavigateArrow メソッド (Excel)Range.NavigateArrow method (Excel)

指定した範囲のトレース矢印をたどって、参照元のセル、参照先のセル、またはエラーの発生したセルに移動します。Navigates a tracer arrow for the specified range to the precedent, dependent, or error-causing cell or cells. 参照元、参照先、またはエラーのセルを選択し、新しい選択範囲を表すRangeオブジェクトを返します。Selects the precedent, dependent, or error cells and returns a Range object that represents the new selection. 指定されたセルにトレース矢印が表示されていないときは、エラーを返します。This method causes an error if it's applied to a cell without visible tracer arrows.

構文Syntax

expression.NavigateArrow (TowardPrecedent, ArrowNumber, LinkNumber)expression.NavigateArrow (TowardPrecedent, ArrowNumber, LinkNumber)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
TowardPrecedentTowardPrecedent 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 移動する方向を指定します。Trueの場合、参照元の方向に移動します。 Falseの場合は、依存関係に向かって移動します。Specifies the direction to navigate; True to navigate toward precedents, False to navigate toward dependents.
ArrowNumberArrowNumber 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 対象となるトレース矢印の番号を指定します。Specifies the arrow number to navigate; corresponds to the numbered reference in the cell's formula.
LinkNumberLinkNumber 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant トレース矢印が外部参照を表すとき、この引数でどの外部参照を対象とするかを指定します。If the arrow is an external reference arrow, this argument indicates which external reference to follow. この引数を省略すると、最初の外部参照が使用されます。If this argument is omitted, the first external reference is followed.

戻り値Return value

バリアント型Variant

Example

この使用例では、Sheet1 のセル A1 から参照元セルへ、最初のトレース矢印に沿って移動します。This example navigates along the first tracer arrow from cell A1 on Sheet1 toward the precedent cell. この使用例は、セル D1、D2、および D3 への参照が含まれるセル A1 の数式を含むワークシートで実行してください=D1 * D2 * D3(数式など)。The example should be run on a worksheet containing a formula in cell A1 that includes references to cells D1, D2, and D3 (for example, the formula =D1 * D2 * D3).

この例を実行する前に、セル A1 を選択し、[数式] タブの [ワークシート分析] グループで、[参照元のトレース] を選択します。Before running the example, select cell A1, and on the Formulas tab, in the Formula Auditing group, select Trace Precedents.

Worksheets("Sheet1").Activate 
Range("A1").Select 
ActiveCell.NavigateArrow True, 1

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.