範囲の改プロパティ (Excel)Range.PageBreak property (Excel)

改ページの位置を設定または返します。Returns or sets the location of a page break. 使用できる定数は、Xlpagebreakautomatic、 **** xlpagebreakmanualxlpagebreaknoneのいずれかです。 Can be one of the following XlPageBreak constants: xlPageBreakAutomatic, xlPageBreakManual, or xlPageBreakNone. 読み取り/書き込みが可能な Long です。Read/write Long.

構文Syntax

改改expression.PageBreak

expressionRange オブジェクトを表す変数です。expression A variable that represents a Range object.

注釈Remarks

このプロパティでは、自動改ページと手動改ページのどちらの位置も取得できますが、設定できるのは手動改ページの位置 (xlPageBreakManual または xlPageBreakNone) だけです。This property can return the location of either automatic or manual page breaks, but it can only set the location of manual breaks (it can only be set to xlPageBreakManual or xlPageBreakNone).

ワークシートにあるすべての手動改ページを削除するには、Cells.PageBreakxlPageBreakNone に設定します。To remove all manual page breaks on a worksheet, set Cells.PageBreak to xlPageBreakNone.

Example

次の使用例は、シート 1 の行 25 の上に、手動改ページを設定します。This example sets a manual page break above row 25 on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Rows(25).PageBreak = xlPageBreakManual

次の使用例は、シート 1 の列 J の左に、手動改ページを設定します。This example sets a manual page break to the left of column J on Sheet1.

Worksheets("Sheet1").Columns("J").PageBreak = xlPageBreakManual

次の使用例は、上の 2 つの使用例で設定した 2 つの改ページを削除します。This example deletes the two page breaks that were set in the preceding examples.

Worksheets("Sheet1").Rows(25).PageBreak = xlPageBreakNone 
Worksheets("Sheet1").Columns("J").PageBreak = xlNone

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.