Range.Range プロパティ (Excel)

セルまたはセル範囲を表す Range オブジェクトを返します。

構文

.Range (Cell1, Cell2)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Cell1 必須 Variant 範囲の名前を指定します。 A1 形式の参照をコード記述時の言語で指定します。 範囲名には、範囲を表す演算子 (:)、共通部分を表す演算子 (スペース)、または複数の範囲を表す演算子 (,) を含めることができます。 ドル記号を含めることもできますが、無視されます。

範囲の任意の部分にローカルに定義した名前を使用することができます。 名前を使用する場合、その名前はコード記述時の言語で表されたものと見なされます。
Cell2 省略可能 Variant セル範囲の左上隅と右下隅のセルを指定します。 各引数には、単一のセル、列全体、または行全体を含む Range オブジェクト、あるいはコード記述時の言語で単一のセルの名前を示す文字列を指定できます。

解説

オブジェクト修飾子なしで使用すると、このプロパティは ActiveSheet.Range のショートカットになります (アクティブ シートから範囲を返します。アクティブなシートがワークシートではない場合、プロパティは失敗します)。

Range オブジェクトに対して使用すると、このプロパティは Range オブジェクト基準にした相対的な範囲を返します。 たとえば、セル C3 が選択されている場合に、Selection.Range("B1") を呼び出すと、Selection プロパティで取得される Range オブジェクトに相対的な範囲が返されるため、セル D3 が取得されます。 一方、ActiveSheet.Range("B1") というコードでは、常にセル B1 が取得されます。

次の使用例は、アクティブなブックのシート 1 の範囲 B2:C4 の左上のセルの値、つまりセル B2 のセルの値を 3.14159 に設定します。

With Worksheets("Sheet1").Range("B2:C4")
   .Range("A1").Value = 3.14159
End With

次の使用例は、アクティブなブックのシート 1 の範囲 B2:Z22 の左上隅にある 4 つのセルをループ処理します。 セルの値が 0.001 未満の場合は、値をゼロ (0) に置き換えます。

Public Sub TruncateSmallValues()
   Dim exampleRange As Excel.Range
   Set exampleRange = Worksheets("Sheet1").Range("B2:Z22") 

   Dim cell As Excel.Range
   For Each cell in exampleRange.Range("A1:B2") 
      If cell.Value < .001 Then 
         cell.Value = 0 
      End If 
   Next cell
End Sub

次の使用例は、アクティブなブックのシート 1 のセル B2:D6 のフォント スタイルを italic に設定します。 この例は Range プロパティの構文 2 を使用します。

With Worksheets("Sheet1").Range("B2:Z22")
   .Range(.Cells(1, 1), .Cells(5, 3)).Font.Italic = True 
End With

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。