Resize プロパティ (Excel)Range.Resize property (Excel)

指定された範囲のサイズを変更します。Resizes the specified range. サイズが変更されたセル範囲 (Range オブジェクト) を返します。Returns a Range object that represents the resized range.

構文Syntax

サイズ変更(Rowsizecolumnsize)expression.Resize (RowSize, ColumnSize)

: Range オブジェクトを返す式。expression An expression that returns a Range object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
RowSizeRowSize 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 新しい範囲の行数を指定します。The number of rows in the new range. この引数を省略すると、新しい行数は変更する前と同じ行数になります。If this argument is omitted, the number of rows in the range remains the same.
ColumnSizeColumnSize 省略可能Optional バリアント型 (Variant)Variant 新しい範囲の列数を指定します。The number of columns in the new range. この引数を省略すると、新しい列数は変更する前と同じ列数になります。If this argument is omitted, the number of columns in the range remains the same.

戻り値Return value

範囲Range

Example

次の使用例は、シート 1 で選択された部分のサイズを 1 行と 1 列分大きくします。This example resizes the selection on Sheet1 to extend it by one row and one column.

Worksheets("Sheet1").Activate 
numRows = Selection.Rows.Count 
numColumns = Selection.Columns.Count 
Selection.Resize(numRows + 1, numColumns + 1).Select

次の使用例では、ヘッダー行のあるシート 1 にテーブルがあると仮定します。This example assumes that you have a table on Sheet1 that has a header row. この例では、見出し行を選択せずにテーブルを選択します。The example selects the table without selecting the header row. この使用例を実行する前に、テーブルのいずれかのセルをアクティブにしておく必要があります。The active cell must be somewhere in the table before you run the example.

Set tbl = ActiveCell.CurrentRegion 
tbl.Offset(1, 0).Resize(tbl.Rows.Count - 1, _ 
 tbl.Columns.Count).Select

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.