Range.Subtotal メソッド (Excel)

セル範囲の集計を作成します。指定されたセル範囲が単一セルのときは、アクティブ セル領域を集計します。

構文

.Subtotal (GroupBy, Function, TotalList, Replace, PageBreaks, SummaryBelowData)

expressionRange オブジェクトを表す変数です。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
GroupBy 必須 Long グループ化の基準となるフィールドの番号を、1 から始まる整数で指定します。 使用例を参照してください。
Function 必須 XlConsolidationFunction 小計関数。
TotalList 必須 Variant 集計を追加するフィールド表す、1 から始まるオフセット番号の配列で指定します。 使用例を参照してください。
Replace 省略可能 Variant 既存の集計表と置き換えるには、 True を指定します。 既定値は True です。
PageBreaks 省略可能 Variant グループごとに改ページが挿入されるようにするには、 True を指定します。 既定値は False です。
SummaryBelowData 省略可能 XlSummaryRow 集計データを小計を基準に設定します。

戻り値

バリアント型

次の使用例は、シート 1 の選択範囲の集計を作成します。 フィールド 1 をグループの基準とし、フィールド 2 とフィールド 3 の合計が計算されます。

Worksheets("Sheet1").Activate 
Selection.Subtotal GroupBy:=1, Function:=xlSum, _ 
 TotalList:=Array(2, 3)

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。