SlicerCache オブジェクト (Excel)SlicerCache object (Excel)

スライサーの現在のフィルター状態と、スライサーが接続されている**PivotCache** または**WorkbookConnection** オブジェクトに関する情報を表します。Represents the current filter state for a slicer, and information about which PivotCache or WorkbookConnection object the slicer is connected to.

解説Remarks

ブック内のSlicerCacheオブジェクトの**SlicerCaches** コレクションにアクセスするのにには、 workbookオブジェクトの**SlicerCaches** プロパティを使用します。Use the SlicerCaches property of the Workbook object to access the SlicerCaches collection of SlicerCache objects in a workbook.

各スライサーには、スライサーに表示される項目と、それに対応する項目のキャプションが表示されるタイルの現在のユーザーインターフェイスの状態を表す基本SlicerCacheオブジェクトがあります。Each slicer has a base SlicerCache object that represents the items displayed in the slicer and the current user interface state of the tiles displayed with their corresponding item captions. ユーザーが Excel で表示する各スライサーコントロールは、 SlicerCacheオブジェクトが関連付けられている**スライサー** オブジェクトによって表されます。Each slicer control that the user sees in Excel is represented by a Slicer object that has a SlicerCache object associated with it.

Example

次のコード例では、AdventureWorks データベースへの接続から顧客地理 OLAP 階層に基づいてSlicerCacheオブジェクトを作成し、その階層の "Country" レベルで、ブックの Sheet2 にスライサーを作成します。The following code example creates a SlicerCache object based on the Customer Geography OLAP hierarchy from the connection to the AdventureWorks database, and then creates a slicer on the Country level of that hierarchy in Sheet2 of the workbook.

With ActiveWorkbook 
 .SlicerCaches.Add("AdventureWorks", _ 
 "[Customer].[Customer Geography]").Slicers.Add SlicerDestination:="Sheet2", _ 
 Level:="[Customer].[Customer Geography].[Country]", Caption:="Country" 
End With 

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.