Speech オブジェクト (Excel)Speech object (Excel)

音声機能に関するメソッドとプロパティを持っています。Contains methods and properties that pertain to speech.

解説Remarks

Speechオブジェクトを取得するのにには、 Applicationオブジェクトの**speech** プロパティを使用します。Use the Speech property of the Application object to return a Speech object.

Example

Speechオブジェクトを取得すると、 Speechオブジェクトの読み上げメソッドを使用して、文字列の内容を再生することができます。After a Speech object is returned, you can use the Speak method of the Speech object to play back the contents of a string. 次の使用例は、"こんにちは" を再生します。In the following example, Microsoft Excel plays back "Hello". この例では、ホストシステムに音声認識機能がインストールされていることを前提としています。This example assumes that speech features have been installed on the host system.

注意

音声入力および音声操作に付属するセットアップ ツリーに音声機能がありますが、これは必ずしもインストールする必要はありません。There is a speech feature in the setup tree that pertains to Dictation and Command & Control that does not have to be installed.

Sub UseSpeech() 
 
 Application.Speech.Speak "Hello" 
 
End Sub()

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.