Validation オブジェクト (Excel)Validation object (Excel)

ワークシート範囲の入力規則を表します。Represents data validation for a worksheet range.

Example

validationオブジェクトを取得するのにには、 Rangeオブジェクトの**validation** プロパティを使用します。Use the Validation property of the Range object to return the Validation object. 次の使用例は、セル E5 に対する入力規則を変更します。The following example changes the data validation for cell E5.

Range("e5").Validation _ 
 .Modify xlValidateList, xlValidAlertStop, "=$A$1:$A$10"

addメソッドを使用して、データの入力規則を範囲に追加し、新しいvalidationオブジェクトを作成します。Use the Add method to add data validation to a range and create a new Validation object. 次の使用例は、セル E5 に入力規則を追加します。The following example adds data validation to cell E5.

With Range("e5").Validation 
 .Add Type:=xlValidateWholeNumber, _ 
 AlertStyle:=xlValidAlertInformation, _ 
 Minimum:="5", Maximum:="10" 
 .InputTitle = "Integers" 
 .ErrorTitle = "Integers" 
 .InputMessage = "Enter an integer from five to ten" 
 .ErrorMessage = "You must enter a number from five to ten" 
End With 

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.