Window.OnWindow プロパティ (Excel)Window.OnWindow property (Excel)

ウィンドウをアクティブ化するときに実行するプロシージャの名前を返すか設定します。Returns or sets the name of the procedure that's run whenever you activate a window. 値の取得および設定が可能です。Read/write String.

構文Syntax

Onwindowexpression.OnWindow

Window オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Window object.

解説Remarks

このプロパティで指定したプロシージャは、他のプロシージャによってウィンドウが切り替えられた場合や、ウィンドウを切り替えるコマンドが DDE チャネルを通じて受け取ったものである場合には、実行されません。The procedure specified by this property isn't run when other procedures switch to the window or when a command to switch to a window is received through a DDE channel. 代わりに、プロシージャは、マウスでウィンドウを選択するなど、ユーザーの操作に応答します。Instead, the procedure responds to the user's actions, such as choosing a window with the mouse.

ワークシートまたはマクロシートに Auto_Activate または Auto_Deactivate マクロが定義されている場合、これらのマクロは、 Applicationオブジェクトの**onwindow** プロパティで指定されたプロシージャの後に実行されます。If a worksheet or macro sheet has an Auto_Activate or Auto_Deactivate macro defined for it, those macros will be run after the procedure specified by the OnWindow property of the Application object.

Example

次の使用例は、ウィンドウ 1 がアクティブになったときに、WindowActivate プロシージャを実行するようにします。This example causes the WindowActivate procedure to be run whenever window one is activated.

ThisWorkbook.Windows(1).OnWindow = "WindowActivate"

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.