Window.RangeSelection プロパティ (Excel)

グラフィック オブジェクトがアクティブまたはワークシートで選択されている場合でも、指定したウィンドウのワークシートで選択したセルを表す Range オブジェクトを返します。 読み取り専用です。

構文

.RangeSelection

Window オブジェクトを表す 変数

解説

描画オブジェクトが選択されているワークシートの場合、Selection プロパティを使うと、Range オブジェクトではなく、描画オブジェクトを返します。RangeSelection プロパティを使うと、描画オブジェクトを選択する前に選択されていたセル範囲を返します。

描画オブジェクトではなく、セル範囲が選択されているワークシートの場合、このプロパティと Selection プロパティの取得する値は同じになります。

指定したウィンドウのアクティブ シートがワークシートではない場合、このプロパティは失敗します。

次の使用例は、アクティブ ウィンドウのワークシートで選択されているセル範囲の参照を表示します。

MsgBox ActiveWindow.RangeSelection.Address

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。