Workbook.Close メソッド (Excel)

オブジェクトを閉じます。

構文

.Close (SaveChanges, FileName, RouteWorkbook)

Workbook オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
SaveChanges 省略可能 Variant ブックに変更がない場合、この引数は無視されます。 ブックに変更があり、開いている他のウィンドウに表示されている場合、この引数は無視されます。 ブックに変更があり、開いている他のどのウィンドウにも表示されていない場合、この引数で、変更を保存するかどうかを指定します。 True を指定すると、変更がブックに保存されます。

ブックに関連付けられたファイル名がまだない場合は 、FileName が 使用されます。 FileName を 省略すると、ユーザーはファイル名を指定する必要があります。
FileName 省略可能 Variant このファイル名の下に変更を保存します。
RouteWorkbook 省略可能 Variant ブックを次の受信者に回覧する必要がない場合 (回覧用紙がないか、既に回覧されている場合)、この引数は無視されます。 それ以外の場合、このパラメーターの値に応じてブックが回覧されます。

True を指定すると、次の受信者にブックが送信されます。 False を指定すると、ブックは送信されません。 この引数を省略すると、ブックを送信するかどうかを確認するダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。

解説

Visual Basic からブックを閉じるとき、ブックの Auto_Close マクロは実行されません。 RunAutoMacros メソッドを使用 して、マクロをAuto_Closeします。

次の使用例は、Book1.xls を閉じます。内容の変更は保存しません。

Workbooks("BOOK1.XLS").Close SaveChanges:=False

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。