Workbook メソッド (Excel)Workbook.SaveAs method (Excel)

ブックへの変更を別のファイルに保存します。Saves changes to the workbook in a different file.

注意

複数のプラットフォーム間で Office エクスペリエンスを拡張するソリューションを開発することに関心がありますか?Interested in developing solutions that extend the Office experience across multiple platforms? 新しい Office アドイン モデルを参照してください。Check out the new Office Add-ins model. Office アドインには、VSTO アドインおよびソリューションと比較して、小さな設置面積があります。 HTML5、JavaScript、CSS3、XML など、ほぼすべての web プログラミングテクノロジを使用して構築できます。Office Add-ins have a small footprint compared to VSTO Add-ins and solutions, and you can build them by using almost any web programming technology, such as HTML5, JavaScript, CSS3, and XML.

構文Syntax

SaveAs(FileNameFileFormatPasswordWriteResPasswordReadOnlyRecommendedcreatebackupaccessmodeConflictResolutionaddtomrutextcodepageTextVisualLayoutLocal)expression.SaveAs (FileName, FileFormat, Password, WriteResPassword, ReadOnlyRecommended, CreateBackup, AccessMode, ConflictResolution, AddToMru, TextCodepage, TextVisualLayout, Local)

Workbook オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Workbook object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
FileNameFileName 省略可能Optional VariantVariant 保存するファイルの名前を示す文字列。A string that indicates the name of the file to be saved. 完全なパスを含めることができます。しない場合は、現在のフォルダーにファイルが保存されます。You can include a full path; if you don't, Microsoft Excel saves the file in the current folder.
FileFormatFileFormat 省略可能Optional VariantVariant ファイルを保存するときに使用するファイル形式を指定します。The file format to use when you save the file. 有効な選択肢の一覧については、 XlFileFormat 列挙を参照してください。For a list of valid choices, see the XlFileFormat enumeration. 既存のファイルの場合、既定の形式は、最後に指定したファイル形式です。新しいファイルの場合、既定値は、使用されている Excel のバージョンの形式です。For an existing file, the default format is the last file format specified; for a new file, the default is the format of the version of Excel being used.
PasswordPassword 省略可能Optional VariantVariant ファイルを保護するためのパスワードを表す 15 文字以内の文字列を指定します。大文字と小文字が区別されます。A case-sensitive string (no more than 15 characters) that indicates the protection password to be given to the file.
WriteResPasswordWriteResPassword 省略可能Optional VariantVariant ファイルの書き込みパスワードを表す文字列を指定します。A string that indicates the write-reservation password for this file. パスワードを設定して保存したファイルを、パスワードを指定しないで開くと、ファイルは読み取り専用で開かれます。If a file is saved with the password and the password isn't supplied when the file is opened, the file is opened as read-only.
ReadOnlyRecommendedReadOnlyRecommended 省略可能Optional VariantVariant ファイルを開くとき、ファイルを読み取り専用として開くように勧めるメッセージを表示するには、 True を指定します。True to display a message when the file is opened, recommending that the file be opened as read-only.
CreateBackupCreateBackup 省略可能Optional VariantVariant バックアップ ファイルを作成するには、 True を指定します。True to create a backup file.
AccessModeAccessMode 省略可能Optional XlSaveAsAccessModeXlSaveAsAccessMode ブックのアクセス モードを指定します。The access mode for the workbook.
ConflictResolutionConflictResolution 省略可能Optional XlSaveConflictResolutionXlSaveConflictResolution ブックを保存するときに、メソッドが競合を解決する方法を決定するXlSaveConflictResolution値。An XlSaveConflictResolution value that determines how the method resolves a conflict while saving the workbook. xlUserResolution を指定すると、競合を解決するためのダイアログ ボックスが表示されます。If set to xlUserResolution, the conflict-resolution dialog box is displayed.

xlLocalSessionChanges を指定すると、ローカル ユーザーの変更が自動的に受け入れられます。If set to xlLocalSessionChanges, the local user's changes are automatically accepted.

xlOtherSessionChanges を指定すると、ローカル ユーザーの変更ではなく、他のセッションからの変更が自動的に受け入れられます。If set to xlOtherSessionChanges, the changes from other sessions are automatically accepted instead of the local user's changes.

この引数を省略すると、競合を解決するためのダイアログ ボックスが表示されます。If this argument is omitted, the conflict-resolution dialog box is displayed.
AddToMruAddToMru 省略可能Optional VariantVariant 最近使用したファイルの一覧にブックを追加するには、 True を指定します。True to add this workbook to the list of recently used files. 既定値は False です。The default value is False.
Textcodepage,TextCodepage 省略可能Optional VariantVariant Microsoft Excel のすべての言語で無視されます。Ignored for all languages in Microsoft Excel.

: Excel では、 _FileFormat_パラメーターを使用して指定された CSV 形式またはテキスト形式のいずれかにブックを保存する場合、現在のコンピューターで使用されているシステムロケールの言語に対応するコードページが使用されます。NOTE: When Excel saves a workbook to one of the CSV or text formats, which are specified by using the FileFormat parameter, it uses the code page that corresponds to the language for the system locale in use on the current computer. このシステム設定は、[現在の場所] の [コントロールパネル > の地域と言語 > の場所] タブで使用できます。This system setting is available in the Control Panel > Region and Language > Location tab under Current location.
TextVisualLayoutTextVisualLayout 省略可能Optional VariantVariant Microsoft Excel のすべての言語で無視されます。Ignored for all languages in Microsoft Excel.

: Excel では、 _FileFormat_パラメーターを使用して指定された CSV 形式またはテキスト形式のいずれかにブックを保存するときに、これらの書式を論理レイアウトで保存します。NOTE: When Excel saves a workbook to one of the CSV or text formats, which are specified by using the FileFormat parameter, it saves these formats in logical layout. 左から右方向 (LTR) のテキストがファイル内の右から左方向 (RTL) のテキスト内に埋め込まれている場合 (またはその逆の場合)、ファイルの内容は、方向に関係なく、論理レイアウト機能によって、各言語に対応する適切な読みの順序でファイルに保存されます。If left-to-right (LTR) text is embedded within right-to-left (RTL) text in the file, or vice versa, logical layout saves the contents of the file in the correct reading order for all languages in the file without regard to direction. アプリケーションでファイルを開くと、LTR または RTL 文字の各ランは、コードページ内の文字値の範囲に従って正しい方向に表示されます (たとえば、ファイルの正確なメモリレイアウトを表示するように設計されたアプリケーションでない場合)。デバッガーまたはエディターを使用してファイルを開きます。When an application opens the file, each run of LTR or RTL characters are rendered in the correct direction according to the character value ranges within the code page (unless an application that is designed to display the exact memory layout of the file, such as a debugger or editor, is used to open the file).
LocalLocal 省略可能Optional VariantVariant Trueは、Microsoft Excel の言語 (コントロールパネルの設定を含む) に対してファイルを保存します。True saves files against the language of Microsoft Excel (including control panel settings). False(既定値) を指定すると、Visual Basic for Applications (VBA) の言語に対してファイルが保存されます (通常は、ブックが実行される vba プロジェクトが古い国際化 XL5/95 vba プロジェクトである場合を除き、通常は英語)。False (default) saves files against the language of Visual Basic for Applications (VBA) (which is typically US English unless the VBA project where Workbooks.Open is run from is an old internationalized XL5/95 VBA project).

解説Remarks

パスワードを忘れると、シートまたはブックの保護を解除できなくなってしまうので注意してください。Use strong passwords that combine uppercase and lowercase letters, numbers, and symbols. 大文字と小文字、数字、および記号を組み合わせた強力なパスワードを使用します。Weak passwords don't mix these elements.

  • 強力なパスワード: Y6dh! et5Strong password: Y6dh!et5
  • 脆弱なパスワード: House27Weak password: House27

強力なパスワードでありながら、書き留めておかなくても覚えておくことができるパスワードを使用してください。Use a strong password that you can remember so that you don't have to write it down.

Example

次の使用例は、新しいブックを作成し、ユーザーにファイル名を入力させるダイアログ ボックスを表示して、そのファイル名でブックを保存します。This example creates a new workbook, prompts the user for a file name, and then saves the workbook.

Set NewBook = Workbooks.Add 
Do 
    fName = Application.GetSaveAsFilename 
Loop Until fName <> False 
NewBook.SaveAs Filename:=fName

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.