WorkbookConnection オブジェクト (Excel)WorkbookConnection object (Excel)

接続とは、Microsoft Excel ブック以外の外部データソースからデータを取得するために必要な情報のセットです。A connection is a set of information needed to obtain data from an external data source other than a Microsoft Excel workbook.

注釈Remarks

接続を Excel ブックに保存するStore connections in an Excel workbook

接続は、Excel ブックに保存できます。Connections can be stored within an Excel workbook. ブックを開くと、Excel によって、connection オブジェクトと呼ばれる接続のメモリ内コピーが作成されます。When the workbook is opened, Excel creates an in-memory copy of the connection that is referred to as the connection object. 接続オブジェクトには、サーバー名やそのサーバー上で開くオブジェクトの名前などの情報が含まれています。A connection object contains information such as the name of the server and the name of the object to be opened on that server.

必要に応じて、connection オブジェクトに認証資格情報や、サーバーに渡されて実行されるコマンド (たとえば、SQL server によって実行される select ステートメント) を含めることもできます。Optionally, the connection object may also include authentication credentials and/or a command that is to be passed to the server and executed (example: a SELECT statement to be executed by SQL Server).

注意

接続の正確な形式は、データの取得に使用するメカニズムによって異なります。ODBC 接続、OLEDB 接続、および web クエリには異なる情報が含まれています。The exact form of the connection depends on the mechanism that is being used to retrieve data; ODBC connections, OLEDB connections, and web queries will contain different information.

接続ファイルへの接続の保存Store connections in a connection file

A connection may also be stored in a separate connection file.A connection may also be stored in a separate connection file. Most connections in an Excel workbook include a pointer to an external connection file.Most connections in an Excel workbook include a pointer to an external connection file. 接続ファイルには、接続ファイル () として明確にラベルを付ける拡張子が付いています。ODC、。query.iqy など)また、ユーザーのローカルコンピューター、または WSS (データ接続ライブラリ) やその他の企業サーバーなど、既知または信頼できる場所に配置されている場合があります。Connection files have extensions that clearly label them as connection files (*.ODC, *.IQY, etc.) and may be located on the user's local machine or in other well-known or trusted locations such as WSS (Data Connection Library), or other corporate servers.

接続ファイルによって、同じ組織の複数のユーザーが接続を再使用できます。Connection files enable multiple users within the same organization to re-use connections. ネットワーク管理者は接続ファイルを 1 つ変えるだけで、組織全体がバックエンド データ ソースに接続する方法を変更できます。Network administrators are able to change the way the entire organization connects to a back-end data source by changing a single connection file. 接続ファイルは、外部データ ソースへの接続時に必ずしも必要ではありません。A connection file is not always required when connecting to an external data source.

接続を識別するIdentify connections

接続名は、使用されるブック内の接続を特定する文字列です。Connection names are strings that uniquely identify connections within the workbook in which they are used. その他の一意ではない接続のプロパティもあります。There are other properties of a connection that are not unique. Excel の数式は、接続されている引数を使用する場合は常に、その接続の名前を (文字列として) 直接参照するか、または (接続名が文字列として含まれるセルを参照して) 間接的に参照するだけで十分です。Whenever a formula in Excel takes an argument that is a connection, it will be sufficient to refer to the name of that connection, either directly (as a string) or indirectly (by referring to a cell that contains the connection name as a string).

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.