Workbooks.Open メソッド (Excel)

ブックを開きます。

注意

複数のプラットフォーム間で Office エクスペリエンスを拡張するソリューションを開発することに関心がありますか? 新しい Office アドイン モデルを参照してください。 Office アドインは、VSTO アドインやソリューションに比べてフットプリントが小さく、HTML5、JavaScript、CSS3、XML などのほぼすべてのWeb プログラミング テクノロジーを使用して構築できます。

構文

expression.Open (FileName, UpdateLinks, ReadOnly, Format, Password, WriteResPassword, IgnoreReadOnlyRecommended, Origin, Delimiter, Editable, Notify, Converter, AddToMru, Local, CorruptLoad)

: Workbooks オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
FileName 省略可能 Variant String 。 開くブックのファイル名です。
UpdateLinks オプション Variant 次の数式 =SUM([Budget.xls]Annual!C10:C25) の Budget.xls ブックの範囲への参照などの、ファイル内の外部参照 (リンク) の更新方法を指定します。 この引数が省略された場合は、リンクの更新方法を指定するように求められます。 このパラメーターで使用する値の詳細については、「解説」セクションを参照してください。

Microsoft Excel が WKS、WK1、WK3 形式のファイルを開いていて、UpdateLinks 引数が 0 の場合、グラフは作成されませんが、そうでない場合は、ファイルに添付されたグラフからチャートが生成されます。
ReadOnly 省略可能 Variant ブックを読み取り専用モードで開くには、True を指定します。
Format オプション Variant テキスト ファイルを開く場合は、この引数で区切り文字を指定します。 この引数を省略すると、現在の区切り文字が使用されます。 このパラメーターで使用する値の詳細については、「備考」を参照してください。
Password オプション Variant パスワード保護されたブックを開くのに必要なパスワードを指定します。 この引数を省略した場合、パスワードが必要なブックでは、パスワードの入力を促すダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
WriteResPassword オプション Variant 書き込み保護されたブックに書き込みをするために必要なパスワードを指定します。 この引数を省略した場合、パスワードが必要なブックでは、パスワードの入力を促すダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
IgnoreReadOnlyRecommended オプション Variant [ 読み取り専用を推奨する] チェック ボックスをオンにして保存されたブックを開くときでも、読み取り専用を推奨するメッセージを非表示にするには、 True を指定します。
Origin オプション Variant ファイルがテキスト ファイルの場合、この引数でファイルの作成元を指定します。これにより、コード ページと改行コード (CR/LF) を正しくマッピングできます。 使用できる定数は、XlPlatform クラスの xlMacintoshxlWindowsxlMSDOS のいずれかです。 この引数を省略すると、現在のオペレーティング システムが使用されます。
Delimiter オプション Variant ファイルがテキスト ファイルで、Format 引数が 6 の場合は、この引数は区切り記号として使用する文字を指定する文字列です。 たとえば、タブには Chr(9) を、カンマには ","、セミコロンには ";" を使用し、またはカスタム文字を使用します。 文字列の最初の文字のみが使用されます。
Editable オプション Variant 開こうとしているファイルが Excel 4.0 のアドインの場合、この引数に True を指定すると、アドインがウィンドウとして表示されます。 この引数に False を指定するか、この引数を省略すると、アドインは非表示の状態で開かれ、ウィンドウとして表示することはできません。 この引数は、Excel 5.0 以降で作成されたアドインには適用されません。

開こうとしているファイルが Excel テンプレートの場合、 True を指定すると、テンプレートが編集用に開きます。 False を指定すると、テンプレートを基に新しいブックが開きます。 既定値は False です。
Notify オプション Variant ファイルが読み取り/書き込みモードで開けない場合に、ファイルを通知リストに追加するには、True を指定します。 ファイルが読み取り専用モードで開かれて通知リストに追加され、ファイルが編集可能になった時点でユーザーに通知されます。 ファイルが開けない場合に、このような通知を行わずにエラーを発生させるには、 False を指定するか省略します。
Converter オプション Variant ファイルを開く際に最初に試すファイル コンバーターのインデックスです。 指定されたファイル コンバーターが最初に試されます。このコンバーターがファイルを認識できない場合、他のすべてのコンバーターが試されます。 コンバーター インデックスは FileConverters プロパティで返されたコンバーターの行番号で構成されています。
AddToMru オプション Variant 最近使用したファイルの一覧にブックを追加するには、 True を指定します。 既定値は False です。
Local オプション Variant Excel の言語設定 (コントロール パネルの設定を含む) に合わせてファイルを保存するには、True を指定します。 Visual Basic for Applications (VBA) の言語設定に合わせてファイルを保存する場合は、False (既定値) を指定します。VBA の設定は、通常、Workbooks.Open を実行する VBA プロジェクトが Excel バージョン 5 または 95 の各国語版で作成されたプロジェクトでない限り、英語 (米国) になります。
CorruptLoad 省略可能 XlCorruptLoad 使用できる定数は、xlNormalLoadxlRepairFilexlExtractData のいずれかです。 このパラメーターに値が指定されていない場合の既定の動作は xlNormalLoad になり、OM を通じて開始するときに回復は行われません。

戻り値

開いているブックを表す Workbook オブジェクト。

解説

既定では、ファイルをプログラムで開くとき、マクロは有効です。 ファイルをプログラムで開くときに使用するマクロのセキュリティ モードを設定するには、AutomationSecurity プロパティを使用します。

ブックを開いたときに外部参照 (リンク) を更新するかどうかを決定する UpdateLinks パラメーターには、次のいずれかの値を指定できます。

説明
0 ブックを開いたときに外部参照 (リンク) は更新されません。
3 ブックを開いたときに外部参照 (リンク) が更新されます。

ファイルの区切り文字を決定する Format パラメーターには、次のいずれかの値を指定できます。

Delimiter
1 タブ
2 コンマ (,)
3 スペース
4 セミコロン (;)
5 なし
6 カスタム文字 (引数 Delimiter を参照)

次のコード例は、Analysis.xls というブックを開き、Auto_Open マクロを実行します。

Workbooks.Open "ANALYSIS.XLS" 
ActiveWorkbook.RunAutoMacros xlAutoOpen

次のコード例は、現在のブックの新しいシートに別のブックからシートをインポートします。 現在のブックの Sheet1 のセル D3 に、インポートするブックのパス名、セル D4 にファイル名、セル D5 にワークシート名を含める必要があります。 インポートされたワークシートは、現在のブックの Sheet1 の後に挿入されます。

Sub ImportWorksheet() 
    ' This macro will import a file into this workbook 
    Sheets("Sheet1").Select 
    PathName = Range("D3").Value 
    Filename = Range("D4").Value 
    TabName = Range("D5").Value 
    ControlFile = ActiveWorkbook.Name 
    Workbooks.Open Filename:=PathName & Filename 
    ActiveSheet.Name = TabName 
    Sheets(TabName).Copy After:=Workbooks(ControlFile).Sheets(1) 
    Windows(Filename).Activate 
    ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=False 
    Windows(ControlFile).Activate 
End Sub

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。