CodeName プロパティ (Excel)Worksheet.CodeName property (Excel)

オブジェクトのコード名を返します。Returns the code name for the object. 値の取得のみ可能な文字列型 (String) の値です。Read-only String.

構文Syntax

CodeNameexpression.CodeName

Worksheet オブジェクトを返す式を指定します。expression An expression that returns a Worksheet object.

解説Remarks

[プロパティ] ウィンドウの (名前) の右側のセルに表示される値は、選択されているオブジェクトのコード名です。The value that you see in the cell to the right of (Name) in the Properties window is the code name of the selected object. デザイン時に、このプロパティの値を変更してコード名を変更することができます。At design time, you can change the code name of an object by changing this value. 実行時にこのプロパティをプログラムで変更することはできません。You cannot programmatically change this property at runtime.

オブジェクトのコード名はオブジェクトを表すオブジェクト式の代わりに使用できます。The code name for an object can be used in place of an expression that returns the object. たとえば、ワークシート1のコード名が Sheet1 の場合、次の式は同一です。For example, if the code name for worksheet one is Sheet1, the following expressions are identical.

Worksheets(1).Range("a1") 
Sheet1.Range("a1")

シート名は、コード名と異なる場合があります。It's possible for the sheet name to be different from the code name. シートを作成する場合、シート名とコード名は同じですが、シート名を変更してもコード名は変更されません。また、Visual Basic Editor の [プロパティ] ウィンドウを使用してコード名を変更しても、シート名は変更されません。When you create a sheet, the sheet name and code name are the same, but changing the sheet name doesn't change the code name, and changing the code name (by using the Properties window in the Visual Basic Editor) doesn't change the sheet name.

Example

次の使用例は、ワークシート 1 のコード名を表示します。This example displays the code name for worksheet one.

MsgBox Worksheets(1).CodeName

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.