WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.AmorDegrc method (Excel)

各会計期における減価償却費を返します。Returns the depreciation for each accounting period. この関数は、フランスの会計システムのために用意されています。This function is provided for the French accounting system.

構文Syntax

AmorDegrc(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6Arg7)expression.AmorDegrc (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant 資産を購入した時点での価格を指定します。The cost of the asset.
Arg2Arg2 必須Required バリアント型Variant 資産を購入した日付を指定します。The date of the purchase of the asset.
Arg3Arg3 必須Required バリアント型Variant 最初の会計期が終了する日付を指定します。The date of the end of the first period.
Arg4Arg4 必須Required バリアント型Variant 耐用年数が終了した時点での資産の価格を指定します。The salvage value at the end of the life of the asset.
Arg5Arg5 必須Required バリアント型Variant 会計期 (会計年度) を指定します。The period.
Arg6Arg6 必須Required バリアント型Variant 減価償却率を指定します。The rate of depreciation.
Arg7Arg7 省略可能Optional VariantVariant 1 年を何日として計算するかを表す数値を指定します。The year basis to be used.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

資産を会計期の途中で購入した場合、日割り計算による減価償却費が計上されます。If an asset is purchased in the middle of the accounting period, the prorated depreciation is taken into account. このメソッドは**AmorLinc** に似ていますが、資産の耐用年数に応じて計算に減価償却係数が適用される点が異なります。The method is similar to AmorLinc, except that a depreciation coefficient is applied in the calculation depending on the life of the assets.

次に、Arg7 に指定できる値を示します。The following table describes the values used in Arg7.

基準Basis 1 年の日数Date system
0 または省略0 or omitted 360 日 (NASD 方式)360 days (NASD method)
1-d1 実際の日数Actual
1/33 365 日365 days in a year
2/44 360 日 (ヨーロッパ方式)360 days in a year (European method)

Excel では、日付は集計に使用できるようにシリアル値として格納されます。Microsoft Excel stores dates as sequential serial numbers so they can be used in calculations. 既定では、1900 年 1 月 1 日のシリアル値は 1、2008 年 1 月 1 日は 1900 年 1 月 1 日から 39,448 日後であるためシリアル値は 39,448 になります。By default, January 1, 1900 is serial number 1, and January 1, 2008 is serial number 39448 because it is 39,448 days after January 1, 1900. Macintosh 版の Excel では、既定とは異なる日付システムが使用されます。Microsoft Excel for the Macintosh uses a different date system as its default.

注意

Visual Basic for Applications (VBA) では、Excel と異なる方法でシリアル日付が計算されます。Visual Basic for Applications (VBA) calculates serial dates differently than Excel. VBA では、シリアル日付値 1 は 1900 年 1 月 1 日ではなく、1899 年 12 月 31 日に該当します。In VBA, serial number 1 is December 31, 1899, rather than January 1, 1900.

この関数では、資産の耐用年数の最後の会計期までの減価償却費、または減価償却費の累積額が取得価額と残存価額の差よりも大きくなるまでの減価償却費が返されます。This function will return the depreciation until the last period of the life of the assets or until the cumulated value of depreciation is greater than the cost of the assets minus the salvage value.

次の表に、減価償却係数を示します。The following table lists the depreciation coefficients.

資産の耐用年数Life of assets (1/rate) 減価償却係数Depreciation coefficient
3 ~ 4 年Between 3 and 4 years 1.51.5
5 ~ 6 年Between 5 and 6 years pbm-22
6 年を超える年数More than 6 years 2.52.5

減価償却率は、最後から 1 つ前の期で 50% まで上昇し、最後の会計期で 100% まで上昇します。The depreciation rate will grow to 50 percent for the period preceding the last period and will grow to 100 percent for the last period.

資産の耐用年数が 0 ~ 1 年、1 ~ 2 年、2 ~ 3 年、または 4 ~ 5 年の場合、エラー値 #NUM!If the life of assets is between 0 (zero) and 1, 1 and 2, 2 and 3, or 4 and 5, the #NUM! が返されます。error value is returned.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.