WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.ChiTest method (Excel)

カイ 2 乗 (χ2) 検定を行います。Returns the test for independence.

重要

この関数は、精度を向上させ、その使用法をより適切に表す名前を持つ1つ以上の新しい関数に置き換えられました。This function has been replaced with one or more new functions that may provide improved accuracy and whose names better reflect their usage. この関数は旧バージョンの Excel で引き続き利用可能ですが、This function is still available for compatibility with earlier versions of Excel. 下位互換性を確保する必要がない場合には、機能をより正確に表わす新しい関数を今後使用することをご検討ください。However, if backward compatibility is not required, you should consider using the new functions from now on, because they more accurately describe their functionality.

新しい関数の詳細については、 ChiSq_Test メソッドを参照してください。For more information about the new function, see the ChiSq_Test method.

構文Syntax

Chitest メソッド(Arg1Arg2)expression.ChiTest (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 期待値に対する検定の実測値が入力されているデータ範囲を指定します。The range of data that contains observations to test against expected values.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 期待値が入力されているデータ範囲を指定します。実測値と期待値では、行方向の値の合計と列方向の値の合計がそれぞれ等しくなっている必要があります。The range of data that contains the ratio of the product of row totals and column totals to the grand total.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

Chitest メソッドは、統計に対するカイ2乗 (χ2) 分布の値と、適切な自由度を返します。ChiTest returns the value from the chi-squared (χ2) distribution for the statistic and the appropriate degrees of freedom. Χ2テストを使用して、仮説の結果が実験によって検証されているかどうかを判断できます。You can use χ2 tests to determine whether hypothesized results are verified by an experiment.

実測値範囲と期待値範囲のデータの個数が異なる場合、 chitest メソッドは #N/a エラー値を返します。If actual_range and expected_range have a different number of data points, ChiTest returns the #N/A error value.

Χ2テストでは、最初に、次の数式を使用してχ2統計を計算します。ここで、次の数式を使用します。The χ2 test first calculates an χ2 statistic by using the following formula, where:

  • Aij = i 番目の行 j 列の実際の頻度Aij = actual frequency in the i-th row, j-th column
  • Eij = i 番目の行 j 番目の列で想定される頻度Eij = expected frequency in the i-th row, j-th column
  • r = 数値または行数r = number or rows
  • c = 列数c = number of columns

式

Χ2の値が小さい場合は、独立性のインジケーターがあります。A low value of χ2 is an indicator of independence. 数式から見ることができるように、χ2は常に正または0です。0になるのは、すべての i、j について Aij = Eij の場合のみです。As can be seen from the formula, χ2 is always positive or 0, and is 0 only if Aij = Eij for every i,j.

Chitest メソッドは、χ2統計値が、少なくとも、独立性を仮定した場合に、前の数式で計算された値が発生する可能性がある確率を返します。ChiTest returns the probability that a value of the χ2 statistic at least as high as the value calculated by the preceding formula could have happened by chance under the assumption of independence. この確率を計算する場合、 chitest メソッドは、適切な自由度 df でχ2分布を使用します。In computing this probability, ChiTest uses the χ2 distribution with an appropriate number of degrees of freedom, df.

  • r = 1 かつ c > 1 の場合は、df = c - 1 です。If r > 1 and c > 1, then df = (r - 1)(c - 1).
  • R = 1 および c > 1 の場合は、df = c-1 になります。If r = 1 and c > 1, then df = c - 1.
  • R > 1 および c = 1 の場合は、df = r-1 になります。If r > 1 and c = 1, then df = r - 1.
  • r = c = 1 は許可されておらず、エラーが生成されます。r = c = 1 is not allowed and generates an error.

Chitest メソッドの使用は、Eij が小さすぎない場合に最も適しています。Use of ChiTest is most appropriate when Eij's are not too small. Eij の値がそれぞれ 5 以上の場合に使用するよう推奨する統計学者もいます。Some statisticians suggest that each Eij should be greater than or equal to 5.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.