WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Choose method (Excel)

引数 value のリストから値を取得するのには、インデックスとして_Arg1_を使用します。Uses Arg1 as the index to return a value from the list of value arguments.

構文Syntax

[(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6Arg7Arg8Arg9、 __ Arg10、 Arg11Arg12Arg13、 __ Arg14、Arg15 __、 Arg16Arg17Arg18Arg19Arg20Arg21Arg22Arg23Arg24Arg25Arg26Arg27、Arg28 __、 Arg29Arg30)expression.Choose (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6, Arg7, Arg8, Arg9, Arg10, Arg11, Arg12, Arg13, Arg14, Arg15, Arg16, Arg17, Arg18, Arg19, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25, Arg26, Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 引数リストの何番目の値を選択するかを指定します。Specifies which value argument is selected. Arg1 には、1 ~ 29 の数値、または 1 ~ 29 の数値を返す数式またはセル参照を指定します。Arg1 must be a number between 1 and 29, or a formula or reference to a cell containing a number between 1 and 29.
Arg2 - Arg30Arg2 - Arg30 必須Required VariantVariant 1から29個の値の引数を選択すると、 _Arg1_に基づいて実行する値またはアクションが選択されます。1 to 29 value arguments from which Choose selects a value or an action to perform based on Arg1. これらの引数には、数値、セル参照、名前、数式、関数、または文字列を指定できます。The arguments can be numbers, cell references, defined names, formulas, functions, or text.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

Arg1 に1を指定**** する場合は、_引数_value1 を返します。2の場合は、 **** [value2] を返します。If Arg1 is 1, Choose returns value1; if it is 2, Choose returns value2, and so on.

_Arg1_が1より小さいか、リストの最後の値より大きい場合、 Chooseはエラーを生成します。If Arg1 is less than 1 or greater than the number of the last value in the list, Choose generates an error.

Arg1 に小数点以下の値が含まれていても、整数部分だけが計算に使われます。If Arg1 is a fraction, it is truncated to the lowest integer before being used.

_Arg1_が配列の場合、 Chooseが評価されるときに、すべての値が評価されます。If Arg1 is an array, every value is evaluated when Choose is evaluated.

選択する引数の値には、範囲参照と単一の値の両方を指定できます。The value arguments to Choose can be range references as well as single values. たとえば、数式=SUM(Choose(2,A1:A10,B1:B10,C1:C10))はに=SUM(B1:B10)評価され、は範囲 B1: B10 の値に基づいて値を返します。For example, the formula =SUM(Choose(2,A1:A10,B1:B10,C1:C10)) evaluates to =SUM(B1:B10), which then returns a value based on the values in the range B1:B10.

Choose関数が最初に評価され、参照 B1: B10 が返されます。The Choose function is evaluated first, returning the reference B1:B10. SUM 関数は、引数として、 Choose関数の結果である B1: B10 を使用して評価されます。The SUM function is then evaluated using B1:B10, the result of the Choose function, as its argument.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.