WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Confidence_T method (Excel)

スチューデントの t 分布を使用して、母集団の平均に対する信頼区間を求めます。Returns the confidence interval for a population mean, using a Student's t distribution.

構文Syntax

Confidence_T(Arg1Arg2Arg3)expression.Confidence_T (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required DoubleDouble Α-信頼度を計算するために使用される基準レベルを示します。Alpha - The significance level used to compute the confidence level. 信頼度が 100 * (1-α)% の場合、つまり、アルファ値が0.05 の場合は、95% の信頼度を示します。The confidence level equals 100*(1 - alpha)%, or in other words, an alpha of 0.05 indicates a 95 percent confidence level.
Arg2Arg2 必須Required DoubleDouble 標準偏差: データ範囲に対する母集団の標準偏差を指定します。は、既知であると見なされます。Standard_dev - The population standard deviation for the data range; is assumed to be known.
Arg3Arg3 必須Required DoubleDouble 標本数: 標本数を指定します。Size - The sample size.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

引数に数値以外の値を指定すると、 Confidence_Tは #VALUE を返します。If any argument is nonnumeric, Confidence_T returns the #VALUE! が返されます。error value.

Α≤0またはα≥1の場合、 Confidence_Tは #NUM を返します。If alpha ≤ 0 or alpha ≥ 1, Confidence_T returns the #NUM! が返されます。error value.

標準偏差≤0の場合、 Confidence_Tは #NUM を返します。If standard_dev ≤ 0, Confidence_T returns the #NUM! が返されます。error value.

標本数に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。If size is not an integer, it is truncated.

Size が1の場合、 Confidence_Tは #DIV を返します。 0!If size equals 1, Confidence_T returns the #DIV/0! が返されます。error value.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.