WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Correl method (Excel)

2 つの配列データ (Arg1Arg2) の相関係数を返します。Returns the correlation coefficient of the Arg1 and Arg2 cell ranges.

構文Syntax

Correl(Arg1Arg2)expression.Correl (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant データが入力されたセル範囲を指定します。A cell range of values.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant もう一方のデータが入力されたセル範囲を指定します。A second cell range of values.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

相関係数は、2 つの特性の関係を判断するときに使用します。Use the correlation coefficient to determine the relationship between two properties. たとえば、各地域の平均気温とエアコンの普及率の相関関数を調べることができます。For example, you can examine the relationship between a location's average temperature and the use of air conditioners.

引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、または空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。If an array or reference argument contains text, logical values, or empty cells, those values are ignored; however, cells with the value zero are included.

_Arg1_と_Arg2_に異なる数のデータポイントが設定されている場合、 Correlはエラーを生成します。If Arg1 and Arg2 have a different number of data points, Correl generates an error.

引数 Arg1_または_Arg2_が空白である場合、またはその値の_s (標準偏差) が0になる場合は、エラー Correlが返されます。If either Arg1 or Arg2 is empty, or if s (the standard deviation) of their values equals zero, Correl generates an error.

相関係数は、次の数式で表されます。ここで、x は標本平均 Average (Arg1)、y は標本平均 Average (Arg2) です。The equation for the correlation coefficient is as follows, where x and y are the sample means Average(Arg1) and Average(Arg2):

式

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.