WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Covariance_S method (Excel)

標本の共分散を返します。共分散とは、2 組の対応するデータ間での標準偏差の積の平均値です。Returns the sample covariance, the average of the products of deviations for each data point pair in two data sets.

構文Syntax

Covariance_S(Arg1Arg2)expression.Covariance_S (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 配列 1: 整数のデータが入力されている一方のセル範囲を指定します。Array1 - The first cell range of integers.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 配列 2: 整数のデータが入力されているもう一方のセル範囲を指定します。Array2 - The second cell range of integers.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。The arguments must either be numbers or be names, arrays, or references that contain numbers.

引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。If an array or reference argument contains text, logical values, or empty cells, those values are ignored; however, cells with the value zero are included.

配列1と配列2のデータの数が異なる場合、 Covariance_Sは #N/a エラー値を返します。If array1 and array2 have different numbers of data points, Covariance_S returns the #N/A error value.

配列1または配列2が空の場合、または1つのデータ要素のみが含まれている場合、 Covariance_Sは #DIV/0! を返します。If either array1 or array2 is empty or contains only one data point each, Covariance_S returns the #DIV/0! が返されます。error value.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.