WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.CumPrinc method (Excel)

開始から終了までの期間に、貸付金に対して支払われる元金の累計を返します。Returns the cumulative principal paid on a loan between start_period and end_period.

構文Syntax

CumPrinc(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6)expression.CumPrinc (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 貸付期間を通じて一定の利率を指定します。The interest rate.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 貸付期間全体での支払回数の合計を指定します。The total number of payment periods.
Arg3Arg3 必須Required VariantVariant 現在の貸付額、つまり将来行われる一連の支払いを、現時点で一括支払いした場合の合計金額を指定します。The present value.
Arg4Arg4 必須Required VariantVariant 計算の対象となる最初の期を指定します。The first period in the calculation. 最初の期から順に、1 から始まる番号が割り当てられます。Payment periods are numbered beginning with 1.
Arg5Arg5 必須Required VariantVariant 計算の対象となる最後の期を指定します。The last period in the calculation.
Arg6Arg6 必須Required VariantVariant 支払いがいつ行われるかを、数値の 0 または 1 で指定します。The timing of the payment.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

次の表に、 _Arg6_で使用される値を示します。The following table lists values used in Arg6.

Type TimingTiming
0 (ゼロ)0 (zero) 各期の期末Payment at the end of the period
1-d1 各期の期首Payment at the beginning of the period

利率と期間を指定するために使用する単位について一貫性があることを確認してください。Make sure that you are consistent about the units that you use for specifying rate and nper. たとえば、年利 12% の 4 年ローンを月払いで返済する場合、利率には 12%/12 = 1 (%) を、また期間 (Arg2) には 4*12 = 48 (月) を指定します。If you make monthly payments on a four-year loan at an annual interest rate of 12 percent, use 12%/12 for rate and 4*12 for Arg2. また、これと同じローンを年払いで返済する場合は、利率に 12 (%)、期間 (Arg2) に 4 (年) を指定します。If you make annual payments on the same loan, use 12% for rate and 4 for Arg2.

Arg2Arg4Arg5 に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。Arg2, Arg4, Arg5, and type are truncated to integers.

Rate ≤0、 Arg2 ≤0、または_Arg3_ ≤0の場合、 CumPrincはエラーを生成します。If rate ≤ 0, Arg2 ≤ 0, or Arg3 ≤ 0, CumPrinc generates an error.

Arg4 < 1、 Arg5 < 1、または_Arg4_ > _Arg5_である場合、 CumPrincはエラーを生成します。If Arg4 < 1, Arg5 < 1, or Arg4 > Arg5, CumPrinc generates an error.

_Arg6_が0または1以外の数値の場合、 CumPrincはエラーを生成します。If Arg6 is any number other than 0 or 1, CumPrinc generates an error.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.