WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.DMax method (Excel)

指定した条件を満たすリストまたはデータベースの列の最大数を返します。Returns the largest number in a column of a list or database that matches conditions that you specify.

構文Syntax

DMax(Arg1Arg2Arg3)expression.DMax (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required RangeRange データベース: リストまたはデータベースを構成するセル範囲を指定します。Database - the range of cells that makes up the list or database. データベースは、行 (レコード) と列 (フィールド) にデータを関連付けたリストです。A database is a list of related data in which rows of related information are records, and columns of data are fields. リストの先頭の行には、各列の見出しが入力されている必要があります。The first row of the list contains labels for each column.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant フィールド: 関数の中で使用する列を指定します。Field - indicates which column is used in the function. フィールドには、半角の二重引用符 (") で囲んだ "樹齢" や "歩どまり" などのような文字列、またはリストでの列の位置を示す番号、たとえば、先頭の列を示す場合は 1、2 番目の列を示す場合は 2 を、引用符なしで指定します。Enter the column label enclosed between double quotation marks, such as "Age" or "Yield," or a number (without quotation marks) that represents the position of the column within the list: 1 for the first column, 2 for the second column, and so on.
Arg3Arg3 必須Required VariantVariant 検索条件: 指定した条件が設定されているセル範囲を指定します。Criteria - the range of cells that contains the conditions that you specify. 列見出しと検索条件を指定するセルが少なくとも 1 つずつ含まれている場合は、任意のセル範囲を指定することができます。You can use any range for the criteria argument, as long as it includes at least one column label and at least one cell below the column label in which you specify a condition for the column.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

Because the equal sign is used to indicate a formula when you type text or a value in a cell, Microsoft Excel evaluates what you type; however, this may cause unexpected filter results.Because the equal sign is used to indicate a formula when you type text or a value in a cell, Microsoft Excel evaluates what you type; however, this may cause unexpected filter results. 文字列または値の等価比較演算子を示すには、条件範囲の該当するセルに、条件を文字列式として入力します。To indicate an equality comparison operator for either text or a value, type the criteria as a string expression in the appropriate cell in the criteria range:

= "=entry"。ここで、 _entry_は検索するテキストまたは値です。="=entry", where entry is the text or value that you want to find.

次に例を示します。For example:

セルに入力する内容What you type in the cell Excel による評価と表示What Excel evaluates and displays
="=西脇"="=Davolio" =西脇=Davolio
="=3000"="=3000" =3000=3000

テキスト データの抽出では、大文字と小文字は区別されません。When filtering text data, Excel does not distinguish between uppercase and lowercase characters. ただし、特定の関数を使用することによって、大文字と小文字を区別した検索を実行できます。However, you can use a formula to perform a case-sensitive search.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.