WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.F_Inv_RT method (Excel)

F 分布の右側確率関数の逆関数の値を返します。Returns the inverse of the right-tailed F probability distribution. つまり、確率 = F_DIST_RT(x,...) であるとき、F_INV_RT(確率,...) = x という関係が成り立ちます。If p = F_DIST_RT(x,...), then F_INV_RT(p,...) = x.

構文Syntax

F_Inv_RT(Arg1Arg2Arg3)expression.F_Inv_RT (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required DoubleDouble 確率: F 累積分布に関連する確率を指定します。Probability - a probability associated with the F cumulative distribution.
Arg2Arg2 必須Required DoubleDouble 自由度 1: 自由度の分子を指定します。Degrees_freedom1 - the numerator degrees of freedom.
Arg3Arg3 必須Required DoubleDouble 自由度 2: 自由度の分母を指定します。Degrees_freedom2 - the denominator degrees of freedom.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

F 確率分布は、2 組のデータのばらつきを比較する F 検定で使用されます。The F distribution can be used in an F-test that compares the degree of variability in two data sets. たとえば、合衆国と日本の労働者の年収を比較し、両国で年収の分布に類似性があるかどうかを分析することができます。For example, you can analyze income distributions in the United States and Canada to determine whether the two countries have a similar degree of income diversity.

引数に数値以外の値を指定すると、 F_Inv_RTは #VALUE を返します。If any argument is nonnumeric, F_Inv_RT returns the #VALUE! が返されます。error value.

確率 < 0 または確率 > 1 の場合、 F_Inv_RTは #NUM を返します。If probability < 0 or probability > 1, F_Inv_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

自由度 1 または自由度 2 に整数以外の値を指定すると、小数点以下が切り捨てられます。If degrees_freedom1 or degrees_freedom2 is not an integer, it is truncated.

自由度 1 < 1 または自由度1≥ 10 ^ 10 の場合、 F_Inv_RTは #NUM を返します。If degrees_freedom1 < 1 or degrees_freedom1 ≥ 10^10, F_Inv_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

自由度 2 < 1 または2≥ 10 ^ 10 の場合、 F_Inv_RTは #NUM を返します。If degrees_freedom2 < 1 or degrees_freedom2 ≥ 10^10, F_Inv_RT returns the #NUM! が返されます。error value.

F_Inv_RTを使用して、F 分布から重要な値を返すことができます。F_Inv_RT can be used to return critical values from the F distribution. たとえば、ANOVA 関数の戻り値には、F 統計量、F 確率、有意水準が 0.05 である F 境界値に対するデータが含まれることがよくあります。For example, the output of an ANOVA calculation often includes data for the F statistic, F probability, and F critical value at the 0.05 significance level. F の重要な値を取得するには、 F_Inv_RTの確率の引数として有意水準を使用します。To return the critical value of F, use the significance level as the probability argument to F_Inv_RT.

確率の値が指定されている場合、 F_Inv_RTは、F_DIST_RT (x, 自由度 2, 自由度 2) = 確率となる値 x をシークします。Given a value for probability, F_Inv_RT seeks that value x such that F_DIST_RT(x, degrees_freedom1, degrees_freedom2) = probability. したがって、 F_Inv_RTの精度はF_Dist_RTの精度に依存します。Thus, precision of F_Inv_RT depends on precision of F_Dist_RT. F_Inv_RTは、反復的な検索手法を使用します。F_Inv_RT uses an iterative search technique. 64 回反復計算を繰り返しても計算結果が収束しない場合、エラー値 #N/A が返されます。If the search has not converged after 64 iterations, the function returns the #N/A error value.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.