WorksheetFunction.Forecast_ETS メソッド (Excel)WorksheetFunction.Forecast_ETS method (Excel)

AAA バージョンの Exponential Smoothing (ETS) アルゴリズムを使用して、既存の (履歴) 値に基づいて将来の値を計算または予測します。Calculates or predicts a future value based on existing (historical) values by using the AAA version of the Exponential Smoothing (ETS) algorithm.

構文Syntax

Forecast_ETS(Arg1Arg2Arg3Arg4Arg5Arg6)expression.Forecast_ETS (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg5, Arg6)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required DoubleDouble 目標日: 値を予測するデータ要素を指定します。Target Date: the data point for which you want to predict a value. 対象の日付には日付/時刻または数値を指定できます。Target date can be date/time or numeric. 注釈を参照してください。See Remarks.
Arg2Arg2 必須Required バリアント型Variant 値: 次のポイントを予測する履歴の値。Values: the historical values, for which you want to forecast the next points.
Arg3Arg3 必須Required バリアント型Variant Timeline: 独立した配列または日付または数値データの範囲を指定します。Timeline: the independent array or range of dates or numeric data. タイムライン内の値の間には一貫した手順が必要であり、0にすることはできません。The values in the timeline must have a consistent step between them and can't be zero. 注釈を参照してください。See Remarks.
Arg4Arg4 省略可能Optional VariantVariant 季節性: 数値を指定します。Seasonality: A numeric value. 注釈を参照してください。See Remarks.
Arg5Arg5 省略可能Optional VariantVariant データの入力候補: タイムラインではデータポイント間の定数ステップが必要ですが、 Forecast_ETSは最大 30% のデータ欠落をサポートし、自動的に調整されます。Data completions: Although the timeline requires a constant step between data points, Forecast_ETS supports up to 30% missing data, and automatically adjusts for it. 注釈を参照してください。See Remarks.
Arg6Arg6 省略可能Optional VariantVariant 集計: タイムラインにはデータポイント間の定数ステップが必要ですが、 Forecast_ETSは同じタイムスタンプを持つ複数のポイントを集約します。Aggregation: Although the timeline requires a constant step between data points, Forecast_ETS aggregates multiple points that have the same time stamp. 注釈を参照してください。See Remarks.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

予測値は、指定した対象の日付にある履歴値の連続で、タイムラインの連続を指定する必要があります。The predicted value is a continuation of the historical values in the specified target date, which should be a continuation of the timeline. この関数を使用して、将来の売上高、商品在庫量、消費動向などを予測できます。You can use this function to predict future sales, inventory requirements, or consumer trends.

注意

この関数では、さまざまなポイント間の一定のステップでタイムラインを編成する必要があります。This function requires the timeline to be organized with a constant step between the different points. たとえば、毎月の1日、年間のタイムライン、または数値インデックスのタイムラインの値を持つ月単位のタイムラインになることができます。For example, that could be a monthly timeline with values on the 1st of every month, a yearly timeline, or a timeline of numerical indices. 一般に、予測を適用する前に、詳細な詳細データを集計して、より正確な予測結果を生成するのに非常に役立ちます。In general, it's very useful to aggregate raw detailed data before you apply the forecast, which produces more accurate forecast results as well.

対象の日付のパラメーター値 (Arg1) の順序が履歴のタイムラインの最後より前にある場合、Forecast_ETS はエラーを返します。If the target date parameter value (Arg1) is chronologically before the end of the historical timeline, Forecast_ETS returns an error.

Forecast_ETSは計算のために暗黙的に並べ替えられるため、タイムライン (Arg3) を並べ替える必要はありません。It isn't necessary to sort the timeline (Arg3), because Forecast_ETS sorts it implicitly for calculations. Forecast_ETSがタイムラインで定数の手順を識別できない場合は、実行時エラー1004が返されます。If Forecast_ETS can't identify a constant step in the timeline, it returns run-time error 1004. タイムラインに重複する値が含まれている場合、 Forecast_ETSもエラーを返します。If the timeline contains duplicate values, Forecast_ETS also returns an error. タイムラインの範囲と値が同じサイズではない場合、 Forecast_ETSは実行時エラー1004を返します。If the ranges of the timeline and values aren't all of the same size, Forecast_ETS returns run-time error 1004.

季節 (Arg4) の既定値1は、Excel が予測に対する季節を自動的に検出し、季節パターンの長さに正の整数を使用することを意味します。The default value of 1 for seasonality (Arg4) means Excel detects seasonality automatically for the forecast and uses positive, whole numbers for the length of the seasonal pattern. 0は、季節がないことを示します。これは、予測が線形になることを意味します。0 indicates no seasonality, meaning the prediction will be linear. 正の整数は、この長さのパターンを季節として使用するアルゴリズムを示します。Positive whole numbers indicate to the algorithm to use patterns of this length as the seasonality. その他の値の場合、 Forecast_ETSはエラーを返します。For any other value, Forecast_ETS returns an error. サポートされる最大の季節は、8760 (1 年の中の時間数) です。Maximum supported seasonality is 8,760 (the number of hours in a year). その数値を超えるすべての季節性値は、エラーになります。Any seasonality value above that number results in an error.

データ完了パラメーター (Arg5) に 0 を渡すことで、アルゴリズムに対して不足しているポイントをゼロ (0) として考慮するよう指示します。Passing 0 for the data completions parameter (Arg5) instructs the algorithm to account for missing points as zeros. 既定値 1 の場合は、不足しているポイントを隣接ポイントの平均として算出することで、不足しているポイントを考慮します。The default value of 1 accounts for missing points by computing them to be the average of the neighboring points. 30% を超えるデータが存在しない場合、 Forecast_ETSは実行時エラー1004を返します。If there is more than 30% missing data, Forecast_ETS returns run-time error 1004.

Aggregation パラメーター (Arg6) は、同じタイムスタンプを持つ複数の値を集計するために使用する方法を指定する数値です。The aggregation parameter (Arg6) is a numeric value specifying the method to use to aggregate several values that have the same time stamp. 既定値の0は AVERAGE を指定し、1から6までの他の数値は SUM、COUNT、COUNTA、MIN、MAX、および MEDIAN を指定します。The default value of 0 specifies AVERAGE, while other numbers between 1 and 6 specify SUM, COUNT, COUNTA, MIN, MAX, and MEDIAN.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.