WorksheetFunction.Forecast_Linear メソッド (Excel)

既存の値を使用して、将来の値を計算または予測します。 予測する値は、指定した x の値に対する y の値です。 既存の x と既存の y から得られる回帰直線上で、x の値に対する従属変数 (y) の値を予測します。 この関数を使うと、将来の売上高、商品在庫量、消費動向などを予測できます。

構文

.Forecast_Linear (Arg1, Arg2, Arg3)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Arg1 必須 倍精度浮動小数点型 (Double) x - 予測する従属変数の値に対する独立変数の値を、数値で示します。
Arg2 必須 Variant 既知の y - 属変数の値が入力されているセル範囲または配列を指定します。
Arg3 必須 Variant 既知の x - 既知の独立変数の値が入力されているセル範囲または配列を指定します。

戻り値

倍精度浮動小数点型 (Double)

解説

x が数値以外の場合 、Forecast_Linear を返#VALUE! が返されます。

パラメーター known_y__パラメーター known_x空の場合、または異なる数のデータ ポイントが含まれている場合、Forecast_Linearエラー値#Nを返します。

パラメーターの分散が 0 known_x場合は、Forecast_Linear/0 を#DIVします。 が返されます。

Forecast_Linear の数式は a+bx で、数式と数式、x と y はサンプル平均           AVERAGE(all known_x) とAVERAGE(all known_y) を 意味します

Dim instance As WorksheetFunction
Dim Arg1 As Double
Dim Arg2 As Object
Dim Arg3 As Object
Dim returnValue As Double

returnValue = instance.Forecast_Linear(Arg1, Arg2, Arg3)

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。