WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.FVSchedule method (Excel)

投資期間内の一連の金利を複利計算することにより、初期投資の元金の将来価値を返します。Returns the future value of an initial principal after applying a series of compound interest rates. FVScheduleを使用して、変動または調整率で投資の将来価値を計算します。Use FVSchedule to calculate the future value of an investment with a variable or adjustable rate.

構文Syntax

FVSchedule(Arg1Arg2)expression.FVSchedule (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 元金: 投資の現在価値を指定します。Principal - the present value.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 利率配列: 投資期間内の変動金利を配列として指定します。Schedule - an array of interest rates to apply.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

Schedule の値には、数値または空白セルを指定できます。その他の値を指定すると、#VALUE が生成されます。The values in schedule can be numbers or blank cells; any other value produces the #VALUE! FVScheduleのエラー値。error value for FVSchedule. 空白セルは、0 (必要ありません) として取得されます。Blank cells are taken as zeros (no interest).

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.