WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Growth method (Excel)

既存のデータを使用して予測指数の増加を計算します。Calculates predicted exponential growth by using existing data. Growthは、既存の x 値と y 値を使用して指定した一連の新しい x 値の y 値を返します。Growth returns the y-values for a series of new x-values that you specify by using existing x-values and y-values. Growthワークシート関数を使用して、指数曲線を既存の x 値と y 値に合わせることもできます。You can also use the Growth worksheet function to fit an exponential curve to existing x-values and y-values.

構文Syntax

成長(Arg1Arg2Arg3Arg4)expression.Growth (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant 既知の y: 既にわかっている y の値の集合を y = b * m ^ x という関係にします。Known_y's - the set of y-values that you already know in the relationship y = b*m^x.
Arg2Arg2 省略可能Optional VariantVariant 既知の x: 既にわかっている x の値の系列で、y = b*m^x という関係になります。この引数は省略してもかまいません。Known_x's - an optional set of x-values that you may already know in the relationship y = b*m^x.
Arg3Arg3 省略可能Optional VariantVariant 新しい x- growthを使用して、対応する y の値を取得する新しい x の値を指定します。New_x's - new x-values for which you want Growth to return corresponding y-values.
Arg4Arg4 省略可能Optional VariantVariant 定数: 定数 b を 1 にするかどうかを論理値で指定します。Const - a logical value specifying whether to force the constant b to equal 1.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

既知の y の配列が1つの列に含まれている場合、既知の x の各列は個別の変数として解釈されます。If the array known_y's is in a single column, each column of known_x's is interpreted as a separate variable.

既知の y の配列が1つの行にある場合、既知の x の各行は個別の変数として解釈されます。If the array known_y's is in a single row, each row of known_x's is interpreted as a separate variable.

既知の y のいずれかの数値が0または負の値の場合、 Growthは #NUM を返します。If any of the numbers in known_y's is 0 or negative, Growth returns the #NUM! が返されます。error value.

既知の x の配列には、1 つまたは複数の変数の系列を指定することができます。The array known_x's can include one or more sets of variables. 変数の系列が 1 つである場合、既知の y と既知の x は、両者の次元が同じであれば、どのような形の範囲であってもかまいません。If only one variable is used, known_y's and known_x's can be ranges of any shape, as long as they have equal dimensions. 変数の系列が複数である場合、既知の y は 1 行または 1 列のセル範囲でなければなりません。If more than one variable is used, known_y's must be a vector (that is, a range with a height of one row or a width of one column).

既知の x を省略すると、配列として {1, 2, 3 を指定したと見なされます。,...}If known_x's is omitted, it is assumed to be the array {1,2,3,...} 既知の y と同じサイズです。that is the same size as known_y's.

新しい x には、既知の x と同様にそれぞれ独立した変数が入力されている 1 つの列 (または 1 つの行) を指定する必要があります。New_x's must include a column (or row) for each independent variable, just as known_x's does. 既知の y が 1 つの列に入力されている場合、既知の x と新しい x は同じ列数でなければなりません。So, if known_y's is in a single column, known_x's and new_x's must have the same number of columns. また、既知の y が 1 つの行に入力されている場合、既知の x と新しい x は同じ行数でなければなりません。If known_y's is in a single row, known_x's and new_x's must have the same number of rows.

新しい x を省略すると、既知の x と同じ値であると見なされます。If new_x's is omitted, it is assumed to be the same as known_x's.

既知の x と新しい x の両方を省略した場合は、{1, 2, 3,...} という配列を指定したと見なされます。If both known_x's and new_x's are omitted, they are assumed to be the array {1,2,3,...} 既知の y と同じサイズです。that is the same size as known_y's.

定数にTrueを指定するか省略すると、b の計算が正常に行います。If const is True or omitted, b is calculated normally.

定数にFalseを指定すると、b の値が1に設定され、y = m ^ x となるように m の値が調整されます。If const is False, b is set equal to 1 and the m-values are adjusted so that y = m^x.

計算結果が配列となる数式は、適切なセル範囲を選択した後、その中に配列数式として入力する必要があります。Formulas that return arrays must be entered as array formulas after selecting the correct number of cells.

既知の x などの引数に配列定数を入力するときは、同じ行の値を区切るためにコンマを使用し、セミコロンを使用して行を区切ります。When entering an array constant for an argument such as known_x's, use commas to separate values in the same row, and use semicolons to separate rows.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.