WorksheetFunction.IfError メソッド (Excel)WorksheetFunction.IfError method (Excel)

数式がエラーとして評価される場合に指定する値を返します。それ以外の場合は、数式の結果を返します。Returns a value that you specify if a formula evaluates to an error; otherwise, returns the result of the formula. 数式のエラーをトラップして処理するには、 IfError関数を使用します。Use the IfError function to trap and handle errors in a formula.

構文Syntax

IfError(Arg1Arg2)expression.IfError (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 値: エラーかどうかをチェックする引数です。Value - the argument that is checked for an error.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant エラーの場合の値: 数式がエラーとして評価される場合に返す値です。Value_if_error - the value to return if the formula evaluates to an error. 評価されるエラーの種類は、#N/A、#VALUE!、#REF!、#DIV/0!、#NUM!、#NAME?、または #NULL! です。The following error types are evaluated: #N/A, #VALUE!, #REF!, #DIV/0!, #NUM!, #NAME?, or #NULL!.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

値またはエラーが空のセルの場合、 IfErrorは空の文字列値 ("") として扱います。If value or value_if_error is an empty cell, IfError treats it as an empty string value ("").

値が配列数式の場合、 **** 引数 value に指定した範囲の各セルの結果の配列が返されます。If value is an array formula, IfError returns an array of results for each cell in the range specified in value.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.