WorksheetFunction 引数メソッド (Excel)WorksheetFunction.ImArgument method (Excel)

次のような数式の引数Returns the argument 式 (シータ) を返します。戻り値の単位はラジアンで表されます。(theta), an angle expressed in radians, such that:

数式

構文Syntax

Imargument(Arg1)expression.ImArgument (Arg1)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 複素数: 引数 θ を求める複素数を、文字列 "x+yi" または "x+yj" の形式で指定します。Inumber is a complex number for which you want the argument theta.

戻り値Return value

StringString

注釈Remarks

Complex メソッドを使用すると、実数係数と虚数係数を複素数に変換することができます。Use the Complex method to convert real and imaginary coefficients into a complex number.

Imargumentは、次の数式で表されます。ImArgument is calculated as follows:

式  どこ   where   式  and z = x + yi  and z = x + yi

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.