WorksheetFunction.Index メソッド (Excel)WorksheetFunction.Index method (Excel)

テーブルまたは範囲内の値や、値への参照を返します。Returns a value or the reference to a value from within a table or range. Index関数には、配列形式と参照形式という2つの形式があります。There are two forms of the Index function: the array form and the reference form.

構文Syntax

Index(Arg1Arg2Arg3Arg4)expression.Index (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required バリアント型Variant 配列または参照 - セル範囲または配列定数を指定します。Array or Reference - a range of cells or an array constant. 参照形式の場合は、1 つまたは複数のセルへの参照を指定します。For references, it is the reference to one or more cell ranges.
Arg2Arg2 必須Required 倍精度浮動小数点型 (Double)Double 行番号 - 値を返す配列の行を選択します。Row_num - selects the row in array from which to return a value. 行番号を省略する場合は、列番号が必要になります。If row_num is omitted, column_num is required. 参照の場合、参照を返す参照の行番号を指定します。For references, the number of the row in reference from which to return a reference.
Arg3Arg3 省略可能Optional VariantVariant 列番号 - 値を返す配列の列を選択します。Column_num - selects the column in array from which to return a value. 列番号を省略する場合は、行番号が必要になります。If column_num is omitted, row_num is required. 参照形式の場合は、参照を返す参照の列の番号を選択します。For reference, the number of the column in reference from which to return a reference.
Arg4Arg4 省略可能Optional VariantVariant 領域番号 - 参照を返す場合にのみ使用します。Area_num - only used when returning references. 行番号と列番号の共通部分を返す参照の範囲を選択します。Selects a range in reference from which to return the intersection of row_num and column_num. 最初に選択または入力された領域の番号は 1 となり、2 番目の領域は 2、3 番目の領域は 3 というように続きます。The first area selected or entered is numbered 1, the second is 2, and so on. 領域番号が省略された場合、 Indexは area 1 を使用します。If area_num is omitted, Index uses area 1.

戻り値Return value

VariantVariant

注釈Remarks

配列形式Array form

行番号と列番号で指定されるテーブルまたは配列の要素の値を返します。Returns the value of an element in a table or an array, selected by the row and column number indexes.

Indexの最初の引数が配列定数の場合は、配列形式を使用します。Use the array form if the first argument to Index is an array constant.

行番号と列番号の両方を使用する場合、引数行と列番号の共通部分にあるセルの値が返されます。If both the row_num and column_num arguments are used, Index returns the value in the cell at the intersection of row_num and column_num.

行番号または列番号を 0 (ゼロ) に設定すると、列全体または行全体の値の配列がそれぞれ返されます。If you set row_num or column_num to 0 (zero), Index returns the array of values for the entire column or row, respectively. 配列として返される値を使用するには、インデックス関数を配列数式として、行のセルの水平方向の範囲内に、または列の垂直方向のセル範囲で入力します。To use values returned as an array, enter the Index function as an array formula in a horizontal range of cells for a row, and in a vertical range of cells for a column. 配列数式を入力するには、Ctrl + Shift + Enter キーを押します。To enter an array formula, press Ctrl+Shift+Enter.

行番号と列番号は、配列内のセルをポイントする必要があります。それ以外の場合、 Indexは #REF を返します。Row_num and column_num must point to a cell within array; otherwise, Index returns the #REF! 返されます。error value.

参照形式Reference form

特定の行と列の共通部分にあるセルの参照を返します。Returns the reference of the cell at the intersection of a particular row and column. 参照が、連続していない選択範囲で構成されている場合は、選択範囲を指定して調べることができます。If the reference is made up of nonadjacent selections, you can pick the selection to look in. 参照の中の各領域に行または列が 1 つしか含まれていない場合は、行番号または列番号の引数はそれぞれ省略することができます。If each area in reference contains only one row or column, the row_num or column_num argument, respectively, is optional. たとえば、単一行の参照の場合は、INDEX (参照、列番号) を使用します。For example, for a single row reference, use INDEX(reference,column_num).

参照と領域番号によって特定の範囲が選択された後、行番号と列番号によって特定のセルが選択されます。行番号 1 が範囲内の最初の行、列番号 1 が最初の列というように続きます。After reference and area_num have selected a particular range, row_num and column_num select a particular cell: row_num 1 is the first row in the range, column_num 1 is the first column, and so on. Index によって返される参照は、行番号と列番号の積集合です。The reference returned by Index is the intersection of row_num and column_num.

行番号または列番号を 0 (ゼロ) に設定すると、列全体または行全体の参照がそれぞれ返されます。If you set row_num or column_num to 0 (zero), Index returns the reference for the entire column or row, respectively.

行番号、列番号、および領域番号は、参照内のセルを指す必要があります。それ以外の場合、 Indexは #REF を返します。Row_num, column_num, and area_num must point to a cell within reference; otherwise, Index returns the #REF! が返されます。error value. 行番号と列番号を省略すると、領域番号で指定された参照範囲がIndexによって返されます。If row_num and column_num are omitted, Index returns the area in reference specified by area_num.

Index関数の結果は参照で、他の数式によって解釈されます。The result of the Index function is a reference and is interpreted as such by other formulas. 数式によっては、 Indexの戻り値が参照または値として使用される場合があります。Depending on the formula, the return value of Index may be used as a reference or as a value. たとえば、数式CELL("width",INDEX(A1:B2,1,2))はと同じですCELL("width",B1)For example, the formula CELL("width",INDEX(A1:B2,1,2)) is equivalent to CELL("width",B1). CELL 関数は、セル参照としてIndexの戻り値を使用します。The CELL function uses the return value of Index as a cell reference. 一方、数式は、 Indexの戻り値2*INDEX(A1:B2,1,2)をセル B1 の数値に変換します。On the other hand, a formula such as 2*INDEX(A1:B2,1,2) translates the return value of Index into the number in cell B1.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.