WorksheetFunction メソッド (Excel)WorksheetFunction.Intercept method (Excel)

既知の x と既知の y を通過する線形回帰直線の切片を計算します。Calculates the point at which a line will intersect the y-axis by using existing x-values and y-values. 切片とは既知の x と既知の y の値を通過する回帰直線が y 軸と交わる座標のことです。The intercept point is based on a best-fit regression line plotted through the known x-values and known y-values.

独立変数が 0 (ゼロ) の場合に依存変数の値を確認するには、切片関数を使用します。Use the Intercept function when you want to determine the value of the dependent variable when the independent variable is 0 (zero). たとえば、データポイントが室温以上になったときに、0°C で金属の電気的抵抗を予測するのには、切片関数を使用できます。For example, you can use the Intercept function to predict a metal's electrical resistance at 0°C when your data points were taken at room temperature and higher.

構文Syntax

切片(Arg1Arg2)expression.Intercept (Arg1, Arg2)

: WorksheetFunction オブジェクトを表す変数。expression A variable that represents a WorksheetFunction object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
Arg1Arg1 必須Required VariantVariant 既知の y: 観測またはデータの従属範囲を指定します。Known_y's - the dependent set of observations or data.
Arg2Arg2 必須Required VariantVariant 既知の x: 観測またはデータの独立範囲を指定します。Known_x's - the independent set of observations or data.

戻り値Return value

倍精度浮動小数点型 (Double)Double

注釈Remarks

引数には、数値、数値配列、あるいは数値を含む範囲を参照する名前またはセル参照を指定します。The arguments should be either numbers or names, arrays, or references that contain numbers.

引数として指定した配列またはセル範囲に文字列、論理値、空白セルが含まれている場合、これらは無視されます。ただし、数値として 0 (ゼロ) を含むセルは計算の対象となります。If an array or reference argument contains text, logical values, or empty cells, those values are ignored; however, cells with the value zero are included.

既知の y と既知の x に含まれるデータの個数が異なる場合、 **** またはデータ要素が含まれていない場合は、#N/a エラー値が返されます。If known_y's and known_x's contain a different number of data points or contain no data points, Intercept returns the #N/A error value.

回帰直線の切片 a は、次の数式で表されます。The equation for the intercept of the regression line, a, is:

式

また、回帰直線の傾き b は、次の数式で表されます。where the slope, b, is calculated as:

数式

ここで、x は標本平均 AVERAGE(既知の x)、y は標本平均 AVERAGE(既知の y) です。and where x and y are the sample means AVERAGE(known_x's) and AVERAGE(known_y's).

切片関数および**傾き** 関数で使用される基になるアルゴリズムは、 LinEst 関数で使用される基になるアルゴリズムとは異なります。The underlying algorithm used in the Intercept and Slope functions is different than the underlying algorithm used in the LinEst function. アルゴリズムの違いにより、データに不確定さや共線性が存在した場合に、異なる結果が得られる場合があります。The difference between these algorithms can lead to different results when data is undetermined and collinear. たとえば、既知の y 引数のデータ要素が 0 で、既知の x 引数のデータ要素が 1 であったとします。For example, if the data points of the known_y's argument are 0 and the data points of the known_x's argument are 1:

  • 切片スロープは #DIV を返します。 0!Intercept and Slope return a #DIV/0! エラーを返します。error. 切片アルゴリズムとスロープアルゴリズムは1つの回答のみを検索するように設計されており、この場合は複数の応答を持つことができます。The Intercept and Slope algorithm is designed to look for one and only one answer, and in this case there can be more than one answer.

  • LinEstは値0を返します。LinEst returns a value of 0. LinEstアルゴリズムは、同一線上のデータに対して適切な結果を返すように設計されています。この場合は、少なくとも1つの回答を見つけることができます。The LinEst algorithm is designed to return reasonable results for collinear data, and in this case at least one answer can be found.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.